イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

「ペッフードで健康になる」(坂本徹也)を評する Ⅰ

2005年2月。光人社から発行された「ペットフードで健康になる」(坂本徹也著)を久しぶりに読んでみた。

帯には「危ないペットフードはもういらない!」(正しいフード選びで、動物たちを幸せにしよう)と謳たってある。


もう今だから本書について多少批判めいたことを話しても良いだろうと思った。

著者の坂本さんとは、この本の取材が始まった頃からの付き合いで、その時から坂本さんは喉頭がんを患っていて、出版後4~5年後に亡くなってしまった。


坂本さんは2頭のミニチュアシュナウザーを飼っていて「アッシュと歩いたヨーロッパ」(主婦の友社)「良い獣医さんはどこにいる」(WAVE出版)「ペットの命を守る」(ハート出版)「二歩先をゆく獣医さん」(光文社)など、ペット関連の本を著していて、ペットジャーナリストとしての立場を確立していた。


「ペットフードで健康になる」に取り掛かる当初、坂本さんから相談があった。

「誰かしっかりした優秀な獣医さんを知りませんか?」

というもので、私は即座に、錦糸町にある「谷澤動物病院」を紹介したのだった。


この本の冒頭第一章は「ペットフード、7つの大罪」とあり、続けて、・ペットフードなんかあげちゃ駄目なんだ、という第一のタイトルが書かれてある。

そして本文は、谷澤先生の言葉として

「ドライフード?そんなものを食べさせているからこんなことになるんだっ!」

谷澤浩二先生の怒声は、きょうも待合室まで響いてくる。


私はこの本が出版されたとき、坂本さんに少し文句を言った。

ペットフードといわれている、その手のものは、谷澤先生のドライフードの否定からから始まるこの本では、そこに紹介されている殆どの国産メーカーがドライフードなのだから、大いに矛盾する内容になっているのではないか。

タイトルが「ペットフードで健康になる」ではおかしいのであって、「ペットフードでは健康にならない」とするのなら矛盾がないのではないか。

はじめに、として書かれてある、坂本さんが影響を受けたと思われる、カナダ在住のアン・N・マーチンが書いた「食べさせてはいけない!」「恐ろしいぺットフード」(白楊社)

と、谷澤先生の言葉は一致する。


そうなるとこの本の内容と、タイトル、第1章、書き出しには大きな矛盾があり、読者を混乱させることになりはしないか。

私はそのようなことを坂本さんに話した。

しかし、本が出来ちゃってからそれを言われてもどうにもならないし、自分の思いは十分書き込んだつもりだし、分かる人には分かってもらえるのではないかと思う、と答えた。


「ペットフードで健康になる」が出版されてからほぼ10年。

坂本さんが亡くなるまで、私とは濃密な関係が続いたのだが、このたび本書を再読して、いろいろと思うところがあったので、このブログで数回に分けて本書の検証を進めてみようと考えた。


何故なら、そのことが今でも続く犬や猫たちの誤った食餌管理から引き起こされる悲劇が増え続けていることを放置してはいけないと思うからに他ならないし、ひいては坂本さんの遺志を継承することになるかも知れないからだ

by threewedge | 2015-02-13 14:57 | Comments(2)
Commented by chamiba2 at 2015-03-02 03:53
読みました。購入した事のあるメーカー、利用したことのある病院も載ってました。酸化防止剤、肉骨粉の恐怖。。。
もともと肉食である犬にとって何を与えたら良いのか?!
ドライフードメーカーと100clubの生馬肉とが「ペットフードで健康になる」という本に一緒に載ってると素人は混乱しますね。トレーサビリティを追っかけなくても安心して提供できるご飯に巡り合えてつくづく幸せだなと本を読み終わって改めて感じたところです♪
Commented by threewedge at 2015-03-11 12:18
chamiba2さん
「ペットフードで健康になる」という本について、7回分の連載が終わりました。10回まで続けていこうと思っています。
結論は、「ペットフードでは健康にならない」ということになるのかも知れません。
お返事遅れてすみません。