イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2015年 09月 27日 ( 1 )

看板のないショップ

前のブログで、私が敬愛する二人の洋画家が「無一物中無尽蔵」という言葉をよく揮毫していたという話をしておいたところ、その洋画家は誰なのだという問い合わせが来て、初めて言い忘れていたことに気が付いた。

その一人は長谷川利行でもう一人は熊谷守一だ。
守一は文化勲章の授与の内定を知らされたとき「私はお上のために絵を描いたことは一度もないので辞退いたします。」と断った。それを聞いた梅原隆三郎は、それなら自分も返してしまおうと申し出た。また武者小路実篤は自分も返却しようと文化勲章を探してみたが何処へ行ってしまったのか見つからなくなってしまっていた。
こんなエピソードをある画家から聞いた記憶がある。

話は変わるが、今度移転したショップには看板もなく、とても分かり難いという批判もあった。看板のないショップというのは確かにあり得ない話ではあろうとは思うのだが、
いまどき、住所が分かっていて電話も分かっている。ましてHPであらゆる情報を発信しているのだから、必要であればこのショップの場所が分からないなんてことはあり得ない。

そんなことを考えていたら、このまま看板など付けないでおこうと思うようになった。
看板のないショップ。商売をやる気があるのかないのか分からないようなショップ。
でもそこにいけば、犬や猫と幸せに暮らしていけるノウハウが満載で、すごく得をしたような気分になれる。
それは電話でもメールでも可能だし、このブログにおいてもコミ二ュケーションは充分図れるはずだ。

信州信濃デッサン館をつくった窪島誠一郎さんは、信州上田駅からバスで1時間半くらい山に入ったところに美術館を作った。
どうしても観たい人はどんな思いをしてでも観に来るし、そういう人たちに観てもらいたいんだ、と言った。
玉川台のショップは、そんな存在でいてもいいのかも知れないと考えるようになった。
by threewedge | 2015-09-27 11:36 | Comments(0)