イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「食事」ではなく「食餌」

犬や猫を飼育していく上で、最も重要な問題をここに書きとめて置こうと思う。
これまで何度も繰り返し言ってきたことなのだが、新たに犬や猫の飼育を始めた方も多くいらっしゃるようで、改めて申し述べる意味があるかもしれない。

私は100CLUB創業以来、犬・猫の「食」について、「食事」と書いたことがなく、必ず「食餌」と書くことにしている。
それは、どっちでもいいものではなく、その違いこそ100CLUBの事業理念の根幹に係わる問題だからである。

人間の「食」は「食品」であり「食事」という。
人間以外の動物の内、いわゆる経済動物または家畜といわれる牛・豚・鶏などの「食」は「飼料」という。
前者は食品衛生法を始めとする法律によって「食」の安全が担保されている。
後者は、健康で長生きさせようとして飼育しているのではなく、出来るだけ早い期間で肥らせ出荷したいという目的が最優先されているのだが、その肉を人間が「食」とするのであるから、その安全を担保するため「飼料安全法」というかなり厳格な法律によって規制されている。

ペットフード(ドッグ・キャット)は「食品」でも「飼料」でもない。
したがって厳格な法律はなく、その安全性については担保がない。
いわば雑貨品なのだから、その材料が何なのか、どれほどの添加物が使われているのか誰も分からない。
そういう劣悪な「食」を、犬や猫の「食事」と言い募るのは、これこそが犬や猫を「擬人化」する象徴だといって過言ではない。

犬や猫という生命をリスペクトするということは、決して「擬人化」することではない。「擬人化」が過ぎれば虐待になりかねない。
先に述べたとおり「ペットフード」は論外のこと、「手作りご飯」などという、私のような者の療法食と見紛うようなレシピ本まで出版されている。
犬や猫の事をこれほど思いやっているのだと押し付けがましいことを言っているが、犬や猫にとってこれほど迷惑なことはない。
一体、犬や猫の栄養学の文献など何処にあるというのだろう。

夏休みに入って、何処の水族館も動物園も大賑わいだ。
そこで飼育されている動物や魚などは、いわゆる家畜として飼育されているわけではない。あくまでもその動物たちの食性に沿った自然な「食」を選択した「餌」やりを実践している。
それは、出来る限り健康長寿を願っているからに外ならず、何とか繁殖にも成功したいと思っているからなのだ。

どうか、お暇があったなら水族館でも動物園でもお出掛けになってみてください。
そこには、家畜としてではなく、何処までも動物たちにとって自然な環境が設えてあり、どのような「給餌」が行なわれているのか学んで頂きたい。
犬も猫も、水族館や動物園の動物たちと繋がっている貴重な生命に違いない。
そうであるならば、その適正な「食餌」とは何か、自ずと結論が出るのではないだろうか。
by threewedge | 2013-07-26 16:41 | Comments(0)

「絆」は何処にある

東北大震災を機に「絆」という言葉が世に踊った。
この言葉の旧い用例は、犬や馬、鷹などを人間がコントロールする綱のことだという。
それが転じて、人と人が深く結ばれること、例えば夫婦の絆などといわれる。
しかし、よくよく考えてみれば、人と人が深く結ばれるなどということ自体、それは言うほど簡単なことではない。
とても残念なことに、人間というパンツを履いた猿は巨大化した脳を持っているためか、他の動物と違い建前と本音を狡猾に使い分けることが出来る動物界でも稀な才能を持っている。
そこに人間社会で生きていくことのひとつの苦悩の源があるのではないかと思う。

人と人の関係において「絆」を結ぶことは容易ではないが、この言葉の語源通り、人と犬や猫の間では深い「絆」が存在する。
犬や猫たちと暮らす多くの人たちは、そのものたちとの「絆」によって満たされた生活を送っている。
犬や猫は一切無駄口を叩かない。
パソコンやスマホも使わないからツイッターもフェィスブックもラインもやらない。このブログのような災いを招くかもしれない余計なことは絶対やらない。
そういうつまらないことをやらないことが、どれほど健全な精神を維持ことにつながるのかちゃんと証明している。

そうでない人から見ると馬鹿じゃないかと思われるかもしれないが、このような世の中になったら、犬か猫かを相棒に暮らさなければ正気を保つのはそれほど簡単なことではない。
もし、人間同士の「絆」が結ばれたとしたら、それこそはまさにユートピアが現実化したことになるのであって奇跡といって差し支えないのだろう。
そんな世界を生きているうちに一度くらい体験したいものだ。
by threewedge | 2013-07-24 15:25 | Comments(0)

「くるみ」の子は「みるく」

なまはげの地、男鹿半島を一周するドライブに誘われた。
その途中、男鹿水族館に立ち寄った。
白熊の繁殖に成功し、その母熊と子熊が展示されているということだった。
母熊の名前は「くるみ」といい、その子熊には「みるく」と名付けられた。
100CLUBの女性スタッフにも「くるみ」という名の子がいるが、結婚して子供が出来たら「みるく」と名付けることを薦めてみようと思う。ここに書いたら怒り出すかもしれないが書いてしまったので、もう取り返しがつかない。

ところで白熊の展示室は巨大なもので、陸地とプールが設えてあり、プール側から観覧出来るようになっている。
子熊の「みるく」は陸地でバケツのような玩具に夢中になって遊んでいて、その様子を見ながら母熊は行ったり来たり忙しなく動き回っていた。
するとやおら、「くるみ」が「みるく」の玩具を取り上げプールに投げ込んだ、その直後「くるみ」がプールに飛び込んだ。
近くに寄って観ていた観客は驚いて「キャーッ」と大声を挙げて仰け反った。

玩具を取り上げられてしまった「みるく」は、それを欲しがる素振りをして水際にまで来て立ち上がったりしてイラついているのだが「くるみ」は玩具を渡そうとしない。「みるく」を何とかプールに入れようという目論見なのだから何回も何回も繰り返し誘い続ける。
飽かずその様子を観ていたが、私が観ている内には最後まで「みるく」はプールに入ることはなかった。

ホッキョクグマは泳ぎが得意にならなければ生きてはいけない。
約6ヶ月の子熊に、まず水を恐がらないよう教え、その内、水中でのスピーディーで自在な泳ぎを教え込んでいくのだろう。
人間の教育も同じことだと思うのだが、このたびの、母熊の子熊を教育する根気強い姿には心を打たれたし学ばねばならないとも思った。

因みに、この巨大なホッキョクグマは肉食獣であり、その食餌は当然の事ながら一日「生馬肉4Kg」と若干の「シリアルズ」「ヴェジタブルズ」である。
d0290407_21544389.jpg

by threewedge | 2013-07-22 18:27 | Comments(0)

宝物と出逢った

秋田での出来事が余りにも衝撃的であったせいか、今だに余韻が覚めやらず、このブログも、秋田話をひと月分位書かないと収まらないような気がする。
そういういう訳にもいかないので、今日で何とか締め括ろうと思う。

このたび秋田へ行ったことは100CLUBにとって大収穫だった。
まず、私にとって食肉用の馬牧場を直接見ることは「桜田牧場」が初めての体験だった。見慣れたサラブレッドでなく、フランスやベルギーが原産の1トンを超える巨大な馬に驚かされた。
その巨大な馬が、同じ「桜田牧場」が経営する精肉工場で馬刺しや馬モツなどにさばかれ、同時に100CLUBにもたらされる各種アイテムが作られる。
つまり、馬の生体から商品化されるまでが、目の前で繰り広げられたのだ。
これで、ヤマトの冷凍便に自分も便乗して世田谷の用賀に帰るとしたら、まさしくトレーサビリティーがパーフェクトに実践されたことになる。

夜になって、やはり「桜田畜産」が経営する「さくら亭」で、馬料理のフルコース、そして三種町の特産である「じゅんさい」など、ふんだんにご馳走になった。何と言っても秋田の人には酒が欠かせないし当然ながら強い。
深夜まで話しは尽きず酒盛りは続いた。
初対面にも拘らず、あたかも旧知の仲であるかのように、お互い腹を割った話しで盛り上がるのは酒の効用もあるのだろうが、秋田の人の強烈なパワーとハートフルなお人柄によるものだろう。
途中で、へべれけになった友川カズキのお兄様が挨拶に来られたのにも驚かされた。

秋田での2日間、物の怪の気配すら感じるこの地に根を張って生き抜いている方たちの土性っ骨を見せ付けられ、己の見っとも無さに恥じ入るばかりであった。
この濃密な時間は、犬、猫の食に対する100CLUの理念が間違っていなかったことが確認されたことも収穫だったのだが、その実現においては未だ道半ばだと、改めて覚醒する機会を与えてくれることになった。
by threewedge | 2013-07-19 15:40 | Comments(0)

兎の故郷

私には、秋田に特別の想いがある。
昔、年4~5回は角館にあった美術館に仕事があって、当時は車で動いていたので、そのついでに興味をそそられた周辺の地域を走り回った。
30年も前の話で、そこには語り尽くせないほどの物語がぎっしり詰まっている。

ある時、そんな気まぐれな旅に興味を持った友人Oが一緒に行きたいということになった。その日は角館に向かう途中、鳴子温泉に一泊することになった。
深夜、私の隣の布団で寝ていたOが脳梗塞を発症した。救急車で古川市の病院に運んだが、翌日息を引き取ってしまった。
Oはすぐれた詩人であり大切な友だった。

秋田新幹線は盛岡を通過してから、以前の田沢湖線に重なるように秋田に向かうのだが、その途中、角館にも停車した。 
車窓から見える景色を一瞬たりとも見過ごすまいと目を凝らし続けていた。
雨のせいなのか、濁って水量の増した桧木内川を渡った。

このたび向かった三種町は、詩人、友川カズキの出身地である。
去年の12月30日に、このブログで友川カズキのことを書いた。その時は、まさか自分が三種町に出向くことになろうとは思いもよらなかった。
それが、この様な事に至った経緯、いきさつについては言えることもあり言えないこともあるのだが、短期間に激しく巻き起こった人間模様の中核には、友川カズキの存在が係わっているに違いないし、あえて言うならば、奇跡とも言って差し支えないこのたびの現象は、東北秋田の歴史、風土のもつ強力な磁場がもたらしたものだと考える。

7日の夜、宿泊したホテルに着くと、ロビーで友川カズキの作品「兎の故郷」が迎えてくれた。
d0290407_1835665.jpg

by threewedge | 2013-07-12 17:28 | Comments(0)

あきたびじょん

7月7日、日曜日。午前8時30分に家を出た。
秋田駅に着いたのが午後2時を少し過ぎていた。秋田から森岳までの乗継が上手く行かず秋田駅構内で1時間以上待ちになってしまった。
お茶でも飲んで時間をつぶすより仕方なく、喫茶店を探しながら構内をぶらついていると、そこでとんでもないポスターが目に入り一瞬息が止まった。
木村伊兵衛じゃないか!

ずっと昔、私は、木村伊兵衛の写真集「秋田」の中にある、この「秋田おばこ」の作品に魅せられた想いがあった。
それが思いがけなくこんな大きなポスターになって出迎えてくれた。
コピーは「あきたびじょん」というもので、最初は小文字の「よ」が見えなかったので「あきたびじん」と読んでしまい、そんなコピーはないだろうと思ったが、よく見ると小さく「ょ」とあったのが分かって納得した。

このポスターは、決死の覚悟で秋田までようやくたどり着いた疲れをいっぺんに吹き飛ばしてくれた。
しかし、ポスターのテーマは東北支援なのだから、こちらが東北を支援しなければならない立場なのに、逆にこちらが支援されているようで情けない話ではあるのだが、これから先2時間かけて目的地に到着する、そこに何が待っているのか改めて期待が膨らんだことも事実だった。
d0290407_21312472.jpg

by threewedge | 2013-07-10 20:04 | Comments(2)

何処の馬の骨・・秋田です

昨晩、ショップに見えたポメラニアンのお客様が、馬の軟骨を3パック購入された。
前回も同じアイテムを購入され、与えてみたら夢中になって食べたので2本続けて与えたそうだ。
こんなに喜こぶのならと今日も骨を買いに来たとおっしゃった。。
そこから1持間以上、お茶を飲みながら骨話に夢中になってお喋りをした。

人間はおよそ500万年前、4足歩行から2足歩行へと進化した。どうしてそんなことが出来るようになったのかあまりにもいろんな説があって分からないのだが、この進化によって猿が人になった。
2足歩行になったことで両手が自由になり、石器を作り出したり火をおこしたりするようになった。このような道具を作り、使うようになったことで、肉食動物が食い残した骨を砕いて髄までしゃぶり尽くすようになった。
この骨の髄には、あらゆる栄養の源泉である濃縮アミノ酸が充満している。
これをしゃぶり尽くすことによって、人間の脳が巨大化したといわれている。

犬に、馬の生骨を与えると無我夢中で骨に齧り付き、それを取り上げようとすれば飼い主といえども噛みつかれる恐れさえある。
言い過ぎかもしれないが、そのときの犬の姿を見ていると「犬にとって最重要な食材は生骨である」と私は思っている。
この骨の話はどこかに何度となく書いたことなのだが、このたび秋田産馬肉を取り扱うことになった機会に、その生骨の再販を始めた。

今度の骨に関しては「何処の馬の骨」かはっきり分かっている。

昨夜は、お客様とそんな話をして大笑いしていた。
by threewedge | 2013-07-03 14:15 | Comments(0)