イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

何かあったら100CLUB

犬か猫とでも相手にしていないと、どうにも正気が保てないような、そんな気配がただよう時代になってきた気がしてならないのは自分だけなのだろうか。
そんなことを言っても国の成り行きは庶民にはどうすることもできず諦観するより手がない。
 
このところ、バラバラになってしまった昔の夢のかけらを、一つづつ集め何とか形にならないかという作業に取り掛かった。
まだまだ何の形にもなっていないのだが、ここまで犬や猫たち、そして多くの飼い主様と深くかかわってきて、理想を実現する一端も示さないままでいることの心苦しさを、遅ればせながら払拭しなければ申し開きが立たないと思ったのだ。
 
犬や猫との生活が楽しくならなきゃ意味がないのだが、お互い、生きもの同士なのだから、絵にかいたような幸せなことばかりがあるわけではあり得ない。
その存在のかけがえのなさが、かえって喜びも悲しみも深く大きいものになる。
なお、相手が口を利かないがために、何らかの異変が起こるたびに飼い主様がパニック状態になることさえある。
 
そのようなことから起こる悲喜劇を避けるため、100CLUBとして何かできることはないのだろうか。
犬や猫たちと暮らしていて、何かあったら110番じゃないけど100CLUBに連絡すれば問題の解決に即つながるという、そういう装置を作り出したい。
容易なことではないだろうけれど、100CLUBには、それができるスペシャリストはたくさんいるのだからやってやれないことはない。
老い先短いのだから、急いで成し遂げなくてはならないと思っている。


by threewedge | 2014-02-26 17:15 | Comments(0)

炭水化物抜き実験結果

3月から、このブログも模様替えする予定でいるので、その前に炭水化物を止めた最終報告だけはしておかねばならないと思った。
炭水化物を止めようと思った理由は「炭水化物が人類を滅ぼす」という本に影響を受けたことによる。
雑食と言われている人間も実は肉食だったという理論の説得力もあって、それなら犬や猫のような肉食動物と同じ食生活にしてもいいのではないかと考えた。
そこから先はやってみないと分からないし、ここまで犬や猫たちに深くかかわってきたからには、どうせ自分の身体なのだからと、この人体実験にかけてみることに躊躇する理由も見つからなかった。

およそ3ヶ月、炭水化物を抜いたことによる体調の変化は著しいものがあった。
まず顕著なのは、腹いっぱい食べてもさほど時間の経たない内に空腹感を強く感じることだった。要するに、炭水化物ではない肉、魚、豆腐、納豆、野菜などは、圧倒的に消化が良いのだと思う。腹持ちしないということはそういうことなのだと思うし、消化器官にも負担がかからないのだろう。
胃腸器官の消化効率を上げるため、今や酵素サプリメントばやりだが、消化の良い炭水化物抜きの食事であればサプリメントの必要はないのかもしれない。

次に、はっきりした変化は体重が3ヶ月で5Kg近く減ったことだ。
減量が目的ではなかったのだが、これは大変ありがたかった。5Kgの重さをこの年老いた身体に背負っていることによる足腰への負担は、5Kgの荷物を持ってみればすぐに実感できる。
3度にわたる血液検査の結果も、1度目のリン数値があがってしまったことをカルシウムで調整してからは全く異常なかった。

このような好結果も、普段の食生活から完全に炭水化物を抜いてしまうことはほぼ不可能なので、自分の意識では普段の7割くらい、炭水化物を減らしたのではないかと思っている。それでもこのような良好な結果が出たことは重要な意味があると思う。
それは、私たち以上に肉食動物である犬や猫たちにとって、本来の「食」に適合し備わった消化器官には肉以外の、すなわち炭水化物をすんなり消化することは困難であり、毎食過剰な働きを消化器官に強いることになるのではないだろうか。


かけがえのない命に、そのような「食」を与えるのは相当罪深い仕打ちではないのだろうか。今回の体験を通じて、もし自分が、犬もしくは猫の身であったならば、お願いだから炭水化物は勘弁してくれと飼い主に懇願するに違いない。



by threewedge | 2014-02-24 13:17 | Comments(0)

人生最晩年

「珀」も今年で10歳になる。散歩中の出来事について聞くと、最近ときどき、歩いていて電柱や自転車にぶつかったりするという。目が悪くなったのかと思いチェックしてみるとそんなこともない。歳のせいに違いない!厳密なことは言えないが、自分が今年で70歳、「珀」が10歳という事は、ほとんど同じ高齢に至っているのではないだろうか。 ということは、「珀」の仕出かすことが、ほとんどの場合自分にも当てはまるからだ。 何でもない平らな道路を歩いていて、「珀」も自分もこけまくるところなど、全く変わりない。

人間の生き方として、引き際というものがとても大切だとかねがね思っている。以前、知己であった西部邁さんとは、お互い死ぬるときは自殺にしようと言っていたこともあって、そうしようとは心に決めてはいるが、その前にやらねばならないことは何なのだろうか、そのことの整理がつかないままでいる。その整理しなければならない最大なものが、この100CLUBの後継者を探さねばならないことだ。
by threewedge | 2014-02-23 11:38 | Comments(0)

ブログ再スタート

友人に、あれはブログじゃない!
そう、このブログについて言われてから、昨年200日くらい続けてきたブログを書くことを止めてしまった。
言われる通り、ブログって何なのか、何のために、誰のために書き連ねるものなのかまさか自分のために書いているのなら他人様に見てもらう必要などないのだからHPに恥を晒すこともない。
FBのことは、何となくお客様との交流という面で楽しくやっている。
そんなことを少し考え込んでいる内、ショッピングカートは吹っ飛ぶは、重ねてのドカ雪で、荷物は来ないは出せないはという、とんでもない事態で混乱状態に陥ってしまった。

先日、あるお客様から最近ブログは書かないのですか?楽しみにしていたのですが、と言われた。
あぁ、こんなのブログじゃないとののしられて凹んでいたのだが、たった一人かも知れないが、楽しみに読んでいただいていた方がいらっしゃった。そのことを知った以上、どんなつらい思いをしようと書き続けていこう。
もう、それほど残された時間はないのだから、言い残しておきたいことはことごとく言い尽くさねばならないと思い立つにいたった。

3月から、改めてこのブログにタイトルをつけて、少しデザインも加えて再出発することにした。
こんなのブログじゃない、と言われたことにも耳を傾け、文章は短く分かり易くして、常に画像を入れることにする。
他人がやることだから言いたいことを言って批判しているが、この新たな試みはそれほど簡単なことではない。
by threewedge | 2014-02-21 17:06 | Comments(0)