イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

<   2014年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

知らない方が幸せなこと

「口は災いの素」と言われて育ったくせに、口数が多いのが悪い癖で、ずいぶん損な役回りを演じる羽目になってきた。

今更反省しても、もう手遅れなのだし取り返しはつかないのだから、これからもこのようなブログとかFBとかを通じておしゃべりを続けていくより仕方がない。


犬も猫も本当に立派なもので、余計な口は一言も発しないし、とにかく我慢強い。

それに比べて、自分などは相当なバカだから一言多いどころか、相手が辟易したような表情になるまでベラベラ喋りまくってひんしゅくを買うことが少なくない。


こういう悪癖は、歳とともに治っていくものだと思っていたが、それはとんでもない間違いで、むしろブレーキがぶっ壊れたんじゃないかと我乍ら疑ってみる事すらある。


1昨日は木曾の御嶽山が噴火して大惨事となった。

何の前触れもなかったのだろうか?もしそうだとするとこんなに狭くて、しかも火山列島に住んでいる身にとっては、これほど空恐ろしいことはない。

富士山でも爆発した日にはとんでもないことになるだろうし、想像を絶する事態は十分予測できる。


3年前の東北大震災も恐ろしい出来事だった。

私の年ごろの子供時代は、大方、親から関東大震災のことを話して聞かされ、また第二次世界大戦の戦争体験も聞かされて育ってきた。

そのような話を、ここでまた伝え話すのもおぞましいほどの内容だ。

それほど恐ろしく、凄惨な現実は、いま世界を見渡せばあちらこちらで現在進行中なのだ。

人間は自然の前にはまったく無力であり、欲望や、恨み辛み妬み嫉みが基になる戦争も性懲りもなく止まることが無い。


このままだと、そう遠くない時代に、人類も終末を迎えることになるかも知れない。

どうして、そのようなバカげたことが繰り返し引き起こされるのかと少し考えを進めてみると、人間という動物は、幸か不幸か、己がいずれ死んでしまうことを知ってしまった唯一の動物だということなのだと思う。

死に対する恐れが根源となって、あらゆる欲望や攻撃性が止むことはないだろう。

それが人間の本質であり、文化、文明の発生する源でもある。


そんな人間に比べて、犬や猫たちは死を恐れたりはしない。それは人間に比べてはるかに勇気があるのではなく、ただ、いずれ死が訪れることを知らないだけなのである。

身も蓋もないような話に終始してしまったが、いつの日か、人間は死への恐れを克服しない以上、人類に平和が訪れることはないだろう。


by threewedge | 2014-09-29 17:31 | Comments(0)

犬のおかげで生きてこられた

人類は、地球の幕引きに登場した動物である、と誰かが言ったことを思い出した。

地球温暖化は深刻で、ようやく国連の環境サミットで、汚染国のNO,1のアメリカとNO2の中国が排出物の規制に乗り出す構えを見せたが、本当にどこまで実効性があるのか分からない。


また、バチカンが一千年以上にわたって平和を呼び掛けていても、戦争は危機的な拡がりを見せていて、平和という理想郷の実現はほとんど絶望的な状況に立ち至っている。

バチカン自体が、性犯罪の巣窟と成り果て、マフィアに仕切られてしまっている現状なのだから、何をか言わんやという始末なのである。


犬は間抜けだと多くの人が思っている。

しかし、もし、犬が人並みの欲望をもっている動物だとしたら、むろん人間のペットなどという立場に甘んじている訳がない。

それが、たとえ犬の処世術だとしても、これだけ平和主義者のような犬たちを見ていると、少しは人間も見習ったらどうだろうかと思ったりもする。


もう人間は、犬には戻れっこないしどうにもならない。

第一いつからこれほど醜悪な習性を身に付けるようになったのだろうか。

70年もの間、自分なりには結構頑張って生きてきたつもりではいるのだが、どこかで目的意識を失い、ただ単に時代を漂流してきただけなのかも知れない。

目を奪わんばかりの時代の変化は、同時期を生きてきたつもりではいても、とてもその流れにはついてはいけない。


幸いにも、時代の変化には関わりのない犬や猫たちに深く関わってきたおかげで、漂流はしていたとしてもかろうじて溺れ死にはしなかった。

まさに犬や猫たちのおかげで、かろうじて今を生きていけていると正直そう思っている。

この駄文を書いている傍らには、2頭の愛犬が寝そべっていて、話しかければ擦り寄ってきて甘えてくる。

何という能天気な時間なのだろうか。

これ以上求めるものなど何もない。


by threewedge | 2014-09-26 19:11 | Comments(0)

皮膚疾患の治療 臨床試験募集

数日前、「珀」の皮膚病が劇的に治った話を書いた。

その治療法については、どうしても現段階では明らかにすることができない。


理由については、薬効をうたってお奨めしても効用がなかったということならまだしも、むしろ病状が悪化するようなことになってしまったり、副作用が出たり、もしや犬や猫たちが飲んでしまったとしたら等々、そんなことを考えたらとても気軽にお奨めすることなど出来ない。


そこで、薬事法に基づく製品を作っているメーカーに相談したところ、同様の効用があると考えられ、なお安全性の確保されたサンプルが2種類届けられた。

随分苦労して製造されたことを話されていたが、確たる効用があるやなしや、という点が、臨床例が少な過ぎてはっきりしたことが言い切れない、とのことだった。


どうしたらいいのか、困惑してしまったのだが、犬や猫たちの皮膚疾患で悩まれておられる方が大勢いらっしゃることを承知していることでもあり、自分自身も「珀」のことで悩みぬいた経験もあり、何とかこの治療法を普及したい思いで一杯なのだ。


昔、今は定番商品になっている「100%SUPLI」を開発した時も、動物医薬品会社と共同で、およそ1年間にわたって多くの犬たちに臨床試験を行った。

当然、生馬肉の時も同様で、今は当たり前になっている事も、誰もやっていなかったものを商品化するというのは大きな苦難を伴うものなのだ。


あれこれ考えた末、次のような方法で臨床試験を実施しようと思う。


ご愛犬、愛猫がアレルギーや真菌性の皮膚炎でお悩みの方がいらっしゃったら、100CLUBにお電話かメールで、症状を出来るだけ詳細にお伝えください。

そのうえでサンプルを無料で差し上げます。

お使いいただき、効用があったかどうかを確実にお知らせください。

100名様で締め切らさせていただきます。


このサンプルは、液体ローションタイプですので、患部に塗布してください。

薬事法に基づく製法ですので薬害はありませんが、あくまでも臨床試験なので、効用のある無しについては責任を負いかねることはご承知おきください。

また、現在のところ内容成分については明らかにできませんがステロイド、抗生剤などケミカルなものは使用しておりません。


ご協力お願いいたします。


by threewedge | 2014-09-21 14:37 | Comments(0)

アミノ酸サプリはすごい!!

100CLUBを始めてから、もう16年が過ぎた。

この間、何回となく深く後悔したことがある。こればかりは先には分からないことなので、悔やんだところで始まらないのは分かりきったことなのだから、そのような悩みは振り切ってこれまでやってきた。


その後悔というのは、生馬肉を犬や猫たちの最良の食餌だということを推奨するだけなら良かったのだが、それを商売にしてしまったことが大間違いだったのだ。


私はこの仕事を始めてから全国の愛犬、愛猫家の方たちと知リ合うことになった。

今も毎日、新たなお客様たちと知り合いになり、その愛犬、愛猫たちを、こと食餌管理については一緒に育てているような気持ちで、いやそれだけでなく飼育に関するあらゆる問題に対して出来る限りのサポートを続けてきた。

そうする内に、最早商売のことはすっかり頭から抜け落ちてしまって、サプリメントなど高額の商品を薦めることを躊躇してしまったりもする。


例えば、この子の場合「100%SUPLI・アミノ酸」でサプリメントしてあげるとすごく効果があるのだがと思っていても、そのアイテムが高額なため、それでなくとも高額な馬肉を与えているのだから大変だろうなぁ、などと勝手に思い、容易に口に出せない。

そのようなときに、これが商売でなかったら、もっと犬や猫たちのために適正なアドバイスがしてあげられるのになぁ、としみじみ思うわけだ。


ところで数日前から新聞・テレビで話題になっている、Drアミノ酸といわれる大谷勝東大教授指導のもとアミノ酸配合ゼリーが発売され話題になっている。

このニュースで、改めてアミノ酸の効果が喧伝されているせいなのか、急にわが社のアミノ酸サプリの注文が入り始めた。

ゼリーとかドリンクでなく、その原料そのものを配合した100CLUBのサプリメントは、したがって粉末なのだが、だからこそより効き目があるのだ、と言って差し支えない。


今日は少し商売っ気のある話になってしまった。


by threewedge | 2014-09-14 11:34 | Comments(0)

皮膚疾患が劇的に治った

この用賀にショップを移し2年くらいしてから、「珀」が重度な皮膚病になってしまった。1~2回獣医さんに診てもらったのだが原因も定かにならず、治療してもどうにもこうにも改善せず、その痛々しい姿に自分自身も気分が晴れない時期が3年くらい続いていた。


お客様にも、愛犬や愛猫の皮膚疾患に悩まされ獣医さんに紹介されたといって見える方もおられる。

そんな状況から察するに、全国で相当数の愛犬、愛猫家の皆様が、同じ事態で悩まれているのではないかと思う。

そして心無い獣医さんでは、判で押したようにステロイド治療を繰り返す始末で、皮膚疾患以上に重篤な病気を引き起こすことになってしまう。


この3年近く「珀」の皮膚疾患に悩まされ、あらゆる治療を試みてきたのだが、何が原因なのかさえ確たる理由が分からないままの手当てなので、容易に快方に向かわなかった。・・・向かわなかった・・と過去形で言った、ということは、今は快方に向かっているということになる。


実は、ほぼ完全に皮膚疾患は治ってしまって、秋田犬の見せどころの1つである太い巻き尾の毛が抜け落ちて、まるで豚の尻尾のような有様だったものが、直近のFBの写真のように随分毛も生えてきて、この調子だと今度の正月には、昔の「珀」のように立派な巻き尾が見られるかも知れないと思っている。


この劇的な快方をもたらした治療法については、残念ながら現在の段階では明らかにすることができない。

もったいをつけている訳ではなく、「珀」には劇的な効果があったとしても、他の子たちにも同様の効果があるとは限らないし、もしかすると逆効果になってしまう可能性も無いとは言えない。


それにしても、一飼い主としてこれほど痛々しくもうっとうしい日々を送っていたものが、一挙に晴れ晴れしい気分になったことには感動すら覚え、何よりも「珀」の様子が激変し、いつも気持ち良さそうに昼寝にいそしんでいる。

今、この治療法を、皮膚疾患で苦しんでいる犬や猫たちのために普及したいと願い、臨床実験を進めているところだ。


お試しになりたい方がいらっしゃれば、あくまでも自己責任になりますがお申し出ください。


by threewedge | 2014-09-10 16:49 | Comments(0)

犬や猫たちのコモンセンス

この数日、「コモンセンス」という言葉について繰り返し煩悶している。

日本語に置き換えるべきなのだろうが適当な言葉が見付からないため、「コモンセンス」と言っているのだが、正確にとらえているのかどうかも分からない。


何が言いたいのかというと、いわば人間が社会生活を営む上で、常識、価値観、行動の規範などが、最低限共有されていなければ、そこから先の話はいっこうに進まないし、いくら時間をかけても全く意味をなさない。


物事の本題については様々な考え方があることは当然なのだが、それはあくまでも「コモンセンス」を共有していることが大前提でなければ大人の社会関係は成り立たないと思う。

要するに大人になりきっていない人と何かの話を進めていこうとするとき、「コモンセンス」が共有されていないと、小学生の子供と話しているのとなんら変わらないことになるのだから、精神が消耗すること甚だしい。


そんな心境にあるこの頃、ふと犬や猫たちの世界を考えていた。

そして、東京農大の財団「進化生物学研究所」のある学者が、サルなど、群れの動物たちは、群れ、いわば社会を円滑に運営していく方法として、個々の距離感を実に巧妙にとっている、と言っていたことを思い出した。

人間社会では、とりわけ都会では、例えば通勤の満員電車ように人間がこれでもかと車輛に詰め込まれている様子など、動物なら発狂してしまうだろうとも言っていた。

実は人間もすでに発狂してしまっているのかも知れない。


そんなことを考えながら、我がスタッフ犬の「珀」や「雪」、そして5頭の犬たちがいた頃のことを観察していると、そこには犬社会の「コモンセンス」がきちんと機能していて、実に絶妙な小社会を構成しているように感じられる。

人間が犬たちに見習うべきことは少なくない。


by threewedge | 2014-09-07 12:02 | Comments(2)

犬たちの散歩は要注意

代々木公園のデング熱騒動はとうとう公園閉鎖にまで至った。

公園では、蚊の駆除のため大量の殺虫剤が散布されている。


このいきさつを見聞きしているうちに、私が以前書いた「危険な公園の散歩」というコラムのことを思い出した。

このコラムでは、レイチェル・カーソンの「沈黙の春」を参考にして、公園の樹木や芝生の管理のために散布される殺虫剤や除草剤が、犬や猫たちの健康に多大な害を及ぼすことについて警鐘を鳴らしたつもりであった。


デング熱ウィルスを媒介するヒトスジシマカを撲滅することが目的なのだが、この蚊が犬を刺したとしたら犬はデング熱を発症するのだろうか、という素朴な疑問と、公園の閉鎖が解かれたのち、殺虫剤にまみれた公園を散歩する犬たちにはその害が及ばないのだろうか、というこの二つの疑問が頭をよぎった。


人間は、散布された殺虫剤のから最低でも1メートル以上高い位置で呼吸をするのだから、その安全性にさほどの不安はないのだろうが、小さな子供が地面や木の葉に触れて、その手をなめたら問題だろうし、犬だったら殺虫剤にまみれた草むらなどに首を突っ込んだりするのだから、その害は空恐ろしいことになる。


いずれまた、代々木公園を散歩する犬の飼い主さんは、散歩の際、リードを緩め過ぎないようにして、地面から犬の鼻をなるべく遠ざけるように歩かせねばならないだろう。そのような公園の散歩中の注意は、代々木公園には限らないのであって、他の公園でも、十分に注意せねばならない。


とにかく犬の散歩は、公園に限らず近所の道路を散歩させる場合においても、道路端の植え込みや、草むらには十分な注意が必要で、草むらに首を突っ込むことが大好きかも知れないが、そこには危険が一杯だということを知らねばならない。


同時に気が付いたことがあるので書き留めておかねばならない。

犬の散歩のやり過ぎは、もれなく内臓疾患を起こすことになることを、犬の本物のプロたちはよく口にする。

どこからどこまでがやり過ぎることになってしまうのか、それは犬種や年齢、体調によっても異なるるので一概には言えないところがあると思うが、都会のコンクリートを1時間以上歩かせたとしたら、犬たちには相当な負担になるだろうし、それを一日2回で合計2時間以上だとしたら、相当な負担が犬たちには掛っているといって差し支えない。


by threewedge | 2014-09-05 17:23 | Comments(0)

現代版「生類憐みの令」

元禄5年。徳川綱吉の代、「生類憐みの令」が発布された。

その犬を収容所の第一号は世田谷区の喜多見であったが、喜多見には収容しれきれず、中野、新宿の大久保と増設されることになった。それでも満杯になり多摩村に大きな施設が移され10万頭とも言われる犬たちが餌を与えられ飼われていた。


この「生類憐みの令」は村民から餌代を徴収したりしたものだから、今でもこのことに対する評価は天下の悪法と評されている。

綱吉はこの点以外においては名君であったとの評価もある。


昨今、全国的に犬、猫の殺処分ゼロ運動が盛んになり、里親、保護犬といった、飼い主を何とか探して、犬や猫たちの一生を全うさせようという流れが主流になってきている。


時代というのは変わるもので、元禄時代では天下の悪法とされたものが、現代では

動物愛護精神が国を挙げて広められる時代になった。


この現象について、自分としての評価は複雑で、善行には違いないが、そのことで人間が不幸にならないことだけは願って止まない。


犬や猫たちと暮らすことは何にも代えがたい至福であると思うのだが、一歩トラブルに見舞われると人間の生活が滅茶苦茶になってしまうこともある。

十分余裕をもって、なお生き物であることを念頭に置いて、賢い選択をしなければならないと思っている。


by threewedge | 2014-09-03 11:27 | Comments(0)

「砧」の意味が今頃分かった

しばらくブログを書かないでいるうちに、9月に入ってしまい、急に気温が下がって風邪までひいてしまう始末で情けない思いをしている。


最近は、毎日砧公園が通勤道になっているのだが、その「砧」という言葉の意味が気になっていた。

2~3日前のこと、「蕪村春秋」という本を読んでいたら、そこに気になっていた「砧」の答えが出てきたので、思わず、おぅっと叫んでしまった。同時に知らないことが際限もなく多いものだということを思い知らされることにもなった。


これから話すことは知りえたばかりのことを受け売りするに過ぎないことをお断りしておかねばならない。

昔、木綿の布が出回る以前、庶民の衣服の布は葛や麻で、その固い繊維を柔らかくし光沢を出すため布を木槌でたたく、その台のことを「きぬた」と言ったのだという。

その仕事は女性の夜なべ仕事であって、その音のもの悲しさが秋を象徴していると考えられ、俳句の秋の季語とされた。

当然、蕪村にも「砧」をよんだ句があるので一部ご紹介する。


「露深き 広野に千々の砧かな」

小路行ば ちかく聞ゆる砧かな」


蕪村以外の俳人の句も書き留めておく。

「声澄みて 北斗にひびく砧かな」   (芭蕉)

「更しなの 蕎麦の主や小夜砧」    (一茶)

「聞かばやと 思う砧を打ち出しぬ」  (漱石)


だいぶ涼しくなったことで、砧公園にも犬たちの遊ぶ姿が増えてきた。

砧公園には「デング熱」を媒介する蚊が発生しないことを祈っている。


by threewedge | 2014-09-01 12:11 | Comments(0)