イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

人がいて犬や猫がいる

犬や猫のために出来ることは何か?という課題を自分に問いかけたとき、即座にまっとうな食餌を与えるべきだと考えた。考えただけで止めておけば良かったものを、そこが馬鹿なところで、商売にしてしまった。


そして18年。

犬や猫に寄り添うことなら自分ごときでも可能なことだと思っていたのだが、迂闊なことに、犬や猫たちは野良ではないのだから、当たり前のことに飼い主さんがいらっしゃる。つまり、人がいてこそ犬がいて猫がいるということになる訳だ。


犬や猫たちのことについて、動物専門学校や大学の獣医学部に入って、どこまで深く学んでくるのか良く分からないが、優秀な生徒さんもいれば、ろくすっぽ勉強もしないで遊びまくって、やっとこさ卒業したような生徒さんもいるだろう。


このような人たちの内、どのくらいの率で実際犬や猫に関わる仕事に就くのか分からないのだが、100CLUBを長いことやっているうちに、結構多くの獣医さんや専門学校を出て、トレーナーやペットシッター、トリマーさんなどの職に就いた方たちと知り合いになった。以前私が、青山でセミナーをやっていた頃、そこに参加した多くはそのような方たちだった。


私自身、またこの18年間で出逢った方たちとの付き合いの体験上感じた決定的な問題は、犬や猫たちのしつけやトレーニング、トリミングなどの技術的なことは、それほど大きな問題ではなく、このような仕事に携わる者たちが心しなければならないことは、犬や猫たちの飼い主である人間と対峙しなければならないという点にある。

簡単に言ってしまえば、犬のしつけを教えている、それを先生というならば、その生徒さんは犬なのか飼い主さんなのか、ということである。

多分、この問いの正解は飼い主さんなのだと思う。

そうであるならば、この手の先生たるものは、犬や猫に対する知識は当然のことながら、人としての教養、人格を求められるのは必然であろう。


私が、100CLUBのスタッフに口を酸っぱく言い伝えたのは、犬、猫のことを学校で勉強して多少知っているからといって、お客様に対して上から目線で接することは絶対してはならない、ということだった。

何故なら、貴方たちより飼い主さんの方が、はるかに教養なり人格が優れているのだから、とまで言った。

そこまで言い切る理由は、私自身、この業界に身を置いてしまったことに、負い目を背負い続けているからに他ならないのだから。


by threewedge | 2014-11-30 13:51 | Comments(0)

犬や猫たちの受難時代の始まり

少し前に、「犬や猫たちが人口を超えてしまうかも知れない」というブログを書いた。

それは、殺処分ゼロ運動によって保健所では生体の処分を断るようになってきたことで、これからは犬や猫の生体が激増することになるのではないかという危惧を持ったからだ。

保護犬や猫の運動も盛んなのだがそれにも限界があるだろうし、行政が大きなシェルターを全国各所に建設し、飼育放棄された犬や猫たちを収容し飼養するようなことをしなければ生体は溢れてしまうのではないかと思ったからだ。


そんなことを考えていた矢先、犬の大量遺棄事件が起こった。

売れ残ったペットショップの生体を、100万円とかで処分を引き受けた男が、本当かどうかわからないが、移動中に死んでしまったため、栃木や群馬の河辺や山中に大量に遺棄した事件が起きた。

このような惨禍は最近起こったことではなく、ペットビジネスの闇ともいえる生体を単なる商品と捉え、目を覆うばかりの残酷な扱いで、売れ残れば処分するという図式は以前からあったことなのだ。


そこに殺処分をゼロにするという理想のみが先行し、生体に対しそれを飼養する設備もないまま、NPO法人に丸投げするようなことでは、この方針は完結しないどころか、ますます今回のような事件が頻発するのではないかと危惧するものである。


悪質な繁殖業者、生体販売のペットショップの責任は重大であることは当然だ。この点においては法的に規制を強めなければならない。

しかし一方では、犬や猫を飼う側の責任として、15年前後、犬や猫たちを健康に育てあげる知識と経済的負担を賄えることができるのかどうか。ぬいぐるみやロボットとは全く違う、生命そのものに責任が持てるものかどうか等々、決して軽々しく考えてはならない覚悟と決断が必要なのだと思う。


犬や猫たちと暮らすことは素晴らしいことだと思っている。

そのような生活が実現するためには、正しい犬猫選びから始まり、正しい飼育管理を学ばねばならない。

この点において100CLUBはどこまでも飼育しようとするか方々に対しサポートを惜しまないつもりでいる。


by threewedge | 2014-11-24 13:58 | Comments(0)

サプリメント誕生の秘話 2

競馬馬一筋の医薬品会社。しかも所有馬がダービー馬という会社に、馬肉こそ犬、猫の食餌だと言い募っている100CLUBが頼みごとをしたとしても、撥ね付けられてしまうことは必然で、私は引き下がるしか致し方なかった。

英国から犬を輸入する際も、馬肉をやっている事が障害になって輸入がかなわなかったことがある。


意気消沈して数日たったころ、Y 社から電話が入った。

製造が可能になったとのことだった。

その理由については、会長のお嬢さんが無類の犬好きで、馬も犬や猫も、同じ動物なのだから100CLUBに協力しましょう、と言ってくれたことで会長さんが折れたのだという。早速Y社に出向いたのは言うまでもない。


その後、以前コラムの「犬を通して人が見える」でエリオット・アーウィットという犬をテーマとしている世界的な写真家が、日本の愛犬家を募って犬と飼い主の肖像写真を撮影した。その写真集を見ていたら、Y社のお嬢さんと愛犬の肖像写真が掲載されていた。


100CLUBの各種サプリメントを処方したのは、Y社のUさんで、未だかってこれほど研究者肌で生真面目な人に会ったことがない。

開発がスタートして、現在のアイテムが完成するまで、臨床実験も重ね、おおよそ1年間を要することになった。

そんなこんなで、世田谷生まれのサプリメントは、今から15年前に完成したのである。

それ以来、「theNPA」の村上さんやそのメンバーの多くの方々にとって、100CLUBのサプリメントは、欠かすことの出来ない栄養補助食品として今に定着している。


お使いになられておられる方々は、その効果に瞠目しておられると思う。

何よりも、このサプリメントは、すべての原料が天然由来の優れた成分から作れている、いわばケミカルフリーであるため、いろいろ出回っている人間用のサプリメントを凌駕する品質を有する商品なのである。


人間と同等。あるいは人間以上に健康の維持向上に努めている競馬馬の医薬品メーカーと、手前みそながら、どこまでも犬や猫たちの健康を願って止まない犬キチとのコラボレーションから生まれたこのサプリメントは、高価ではあるけれども、この度のキャンペーンをご利用いただき、一度お試しいただきたいと願っている。


by threewedge | 2014-11-10 11:39 | Comments(0)

サプリメント誕生の秘話

明日から、年内一杯「謝恩セール」を行うことを決断した。

FBにも書いたのだが、このところの販売価格の値上がりが続きお客様各位に大変なご迷惑をお掛けしていることに対し、100CLUBとしては何ができるのか、さんざっぱら考え抜いた結果、かろうじて今ならできるいくつかの商品を、いくばくか割引させていただこう。


その主要な商品はサプリメントなのだが、サプリメントを常用しているお客様にとってはその効用は折り紙つきだと思うのだが、お使いになっておられない方は、この機会に是非ご利用願いたいと思っている。

ここで100CLUBのサプリメントを開発した時のエピソードをお話ししようと思う。


今から15年ほど前のことである。

馬肉のRAW FOODの商品化を終え、三軒茶屋にショップをオープンして1~2年経った頃のこと、「theNPA(フリスビー・ルアーコーシング・ドッグトレーナー)の村上さんが現れて、幾日か朝まで話し合ったことがある。犬キチ同士で話に切りが付かないのだ。

そこで村上さんが、「犬のためのサプリメントって出来ないですかねぇ」と言った。

そして、パレスサイド・ホテルの近くにあった、今名前は忘れてしまったのだが、理化学研究所を村上さんが調べ、そこを私が訪ねたのがスタートだった。


そこで長時間にわたって研究者の話を聞いたのだが、聞くことのすべてが興味が尽きない内容であり驚愕もした。

しかし、ここは研究所なので商品化することは出来ないとのことで、それでは何処か商品化できる会社を紹介してもらえないか、と尋ねたところ、その場でY動物医薬品会社を紹介されたのだった。


数日後、私はY社を訪問して、犬や猫たちのサプリメントの製造を依頼した。

ところがこのY社は、競馬馬に用いられる医薬品製造が専門の分野で、なお過去にY社所有の馬がダービー馬だったということを、迂闊なことに訪問するまで知らなかった。


100CLUBが犬や猫たちの食餌に生馬肉を推奨している専門店だということを隠すわけにもいかないので話したところ、Y社の会長さんがいきなり「それでは私どもの会社では引き受ける訳にはいきませんねぇ」

つまり門前払いを食わされてしまった。


この話は長くなるので、続きは明日にする。


by threewedge | 2014-11-09 17:49 | Comments(0)

奇跡の恩恵

コンピュータが登場してから、様々な分野に留まるところを知らないほどの技術革新が展開していることは驚くばかりだ。

そのいずれもが、目標としているところは無人化で、ロボットやドローンと呼ばれる宅配ヘリまで実用化されるようになった。ロシアでは宅配ピザもドローンが使われるようになり、アマゾンの宅配も同様に宅配が無人化されると聞く。


人間の文明の進化は計り知れない便利さと、空恐ろしさまで感じるところもある。

このような状況は、人間が進化しているのか単に技術が進化しているのか分からないが、少なくとも政治や文化の分野においては、人間として進化しているとはとても思えず、むしろ劣化が進んで腐り始めたのではないかとすら思える事象を嫌というほど見せつけられている。


私たちは犬や猫たちと暮らしている。

その犬や猫たちは、何万年も以前から、私たち人間と共に暮らしている。それでも文明や技術的な進化は全く見られない。人間たちの残飯や人糞を食料としていた原始の頃から今以て何も変わらない生活を送っている。

私たち人間は、そういう原始時代となんら変わらない犬や猫たちと、ともに暮らしていることが当たり前すぎて、その恩恵に気付かないでいるのではないかと思うことがある。


これが犬や猫というロボットだったとしたら(以前、アイボという犬ロボットのことを書いたことがあった)いったい何の恩恵があるのだろうか。

私たちが犬や猫たちと暮らしを共にすることで、最も尊き人間性の発露を体験する奇跡の日々を送ることができる。

その、何物にも代えがたい恩恵を授かっていることを決して忘れてはならないと私は思っている。


by threewedge | 2014-11-03 18:19 | Comments(0)

犬や猫たちは人口を超えるかも知れない

何故、これほどまでに長いこと、しかも熱く100CLUBを続けて来られたのだろう。

むろん自身が犬キチだということが基本にはあるのだろうが、それだけではとてもここまで務まらなかっただろうと思う。


いろいろ考えた挙句、それは多分100CLUBのお客様の犬や猫たちに対する尋常ならざる深い慈愛の心に毎日接することで、自分の精神も浄化され、引っ張られ、後押しされて、ここまでやって来られたのではないかとの思いに至った。


今の社会が、必ずしも安寧な社会だとはとても思えない。したがって人間社会もとげとげしくも浅ましい事象が繰り広げられているような気がしてならない。

そういう時代にあっても、我、100CLUBのお客様に関しては、これほどまでに人間が純粋無垢なあふれんばかりの愛情を発揮できるものなのかと感銘を受けることしきりで、そういう方々のためにお役にたつことがあれば、何でもやらねばならないという想いが熱く込みあげてくる。


自分の犬には自分なりの付き合い方があり、どのお客様とも多少の犬の対する思い入れの差があるかも知れないのだが、それにしても自分の場合、とても愛犬家など言うのはおこがましいとすら感じている。

私にできることは、適正に、健康に犬を育てるためにはどうすれば良いのかということをアドバイスすることくらいで、お客様とその愛犬との関係にまでは、とても口出しできるものではない。

そんな余計なことを言ってはいけないとすら思っている。


今、犬の殺処分をゼロにしようという運動が実を結んで、一部の地方自治体ではその目標を達成したとの報道もあった。

私は、この運動に反対するものではないのだが、そうなればそうなったで、犬の飼育頭数が増えて、少子高齢化社会の日本では、いずれは人口より犬、猫の頭数の方が多くなってしまうのではないかと想像する。


そんな社会になるとすれば、そこには様々な問題も浮上するのではないかと推量すれば、100CLUBとしても、新たな事態に対応した職務を、出来る範囲で考えなければならないのではないか。

実は大まじめにこの課題に取り組み始めたところである。


by threewedge | 2014-11-02 16:38 | Comments(0)