イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

他愛もない話

つい最近、身近な人からきついお叱りを受けて以来、どうもブログを書く意欲が薄れてしまっていた。

そのお叱りとは、端折って言うならば昔話と長話は止めてくれ、というものだった。


70にもなった爺に、昔話は止めろと言われても、じゃぁ一体何を話せばいいのだろうか。

そもそも100CLUBの仕事自体、長年にわたる犬・猫の飼養体験を基にして、いわば昔話をツールとして成立しているのではないか。


頭にきたので、もう絶対しゃべらないと思っていたのだが、余りにも嬉しい出来事があったので、年の暮れでもあるし、どうせ他愛もない話なので短くお話をしてみようとPCにむかった。


敗戦後、いわゆる洋楽が怒涛のように日本に押し寄せてきた。ジャズ・ハワイアン・そしてラテンミュージックなどだ。

先日、アメリカとキューバが50数年ぶりに国交を回復するというニュースを聞いた。キューバ革命のチェ・ゲバラは、当時の若者にとって英雄であったのだが、反米でありながら一方では、ジャズを始めとする洋楽に浮かれているといった按配で、そういうノンポリが大方で、今の日本の状況と変わりはない。多分、終戦後、日本人はユルキャラまっしぐらに70年を過ごしてきたのではないかと思われる。


ところで、ラテン音楽の聖地といわれているのは、まさしくキューバ音楽で、古くはルンバ、そしてマンボのペレス・プラードもキューバのミュージシャンだ。

東京キューバンボーイズという楽団もあって(今もある)先日亡くなってしまった高倉健と一緒になった江利チエミもこのバンドで歌っていた頃がある。


そして、このキューバとアメリカの国交の復活が何より嬉しかったのは、私が60年間いろいろな音楽を聴いてきて、その好きな音楽アルバムのベスト10に入るのがドキュメンタリー映画にもなった「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」で、このアルバムはキューバ音楽のエッセンスといって外れてはいないと思うのだが、このバンドがアメリカのカーネギーホールでコンサートを行い大反響を巻き起こしたのだという。そのことも国交回復の要因の一つになったと、先日の朝日の天声人語に書いてあった。


本当にそうなのかどうかは分からないが、もめごとばかりが目立つ、少々うんざりした世の中にあって、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のようなハッピーな音楽が平和に貢献したという話は、まんざらでもない気分にさせられる。


れほど他愛のない話を、思い切って書いてしまったので、来年も開き直ってブログを書き続けていこうという気持ちに少しだけなってきた。


by threewedge | 2014-12-28 19:06 | Comments(2)

病気にさせない飼育

私のところには引きも切らず犬や猫たちの疾病について相談がある。

ところが私は獣医ではないので、その疾病についての治療はとても覚束ない。


相談に見える方々は、藁をもつかみたい一心でみえられるので、とてもいい加減に扱うわけにもいかないのだが、場合によっては獣医さんを紹介することも多い。

獣医さんから見放されたり、どうしても治らないとかという話なので、それでも獣医さんを紹介する場合は、セカンドオピニオンとして考えてみたらどうでしょうか、という話になる。


言わずもがななことだと思うのだが、獣医さんの仕事は、疾病を治すことが仕事になる。ところが疾病によっては容易に治るとは限らない。

それに比べて、私の立場は、全財産をはたいて犬を飼い続けてきたのだから、犬たちを絶対に病気にさせたくはないし、させないために血道を上げる。


例えば、今100CLUBのスタッフ犬の「珀」も「雪」も間もなく11歳になるが、これまで2~3度しか獣医さんにかかったことが無い。

病気にならないのだから獣医さんにかかる必要がないのだ。

犬や猫たちを病気にさせない飼い方については、プロのブリーダーさんたちは、それぞれに腐心をしているに違いない。親犬を健康に育て、健康な仔犬を産ませるのがブリーダーの役目で、心あるブリーダーさんは、離乳の段階から生馬肉を与えておられる方が多い。


食餌を生馬肉にすればもれなく健康に育つと100%言い切れるかどうは分からないが、肉食動物の生命力、免疫力を最高に発揮させるためには最良の食餌であり、そのことが犬や猫たちを病気にさせずに育て上げる基本であることは、世界中の動物園が生馬肉食を実践していることで裏付けられているのだと思う。


昨今、犬や猫の食餌に多くの商品が販売されているようだが、この基本から逸脱している商品が目に付くことが気になって仕方ない。


by threewedge | 2014-12-12 17:24 | Comments(0)

100CLUBの新たな仕事

犬や猫たちの食餌について、その最良の選択肢を提唱してきたこれまでの100CLUBの仕事に加えなければならない分野の仕事があるのかどうか、そんなことを考え続けてきた。


最良の食餌を考え提唱するということは、犬や猫たちを生涯健康に育て上げるためには最も重要なポイントだろうと思う。

先日、人という字の下に良いと書くと食という文字になると聞いた。犬という字の下に食と書くと何という文字になるのか分からないのだが、犬や猫にしても人にしても、その生命を健全に保つためには食こそが最も大切であることには間違いがない。


そうであっても、人も高齢化を迎え、犬や猫たちも同様に高齢化を迎えることになった時、様々な問題が起こるケースが多発しているようだ。

私自身、スタッフ犬を引くことが、ほぼ10年前から出来なくなってしまった。愛犬と楽しく散歩することすら出来なくなってしまって、普通なら、もう犬を飼うことなど出来ない立場なのだが、仕事柄、犬を扱うことについては専門のスタッフがいるため何とか可能となっている。


これが一般の飼い主さんであった場合、犬や猫たちが高齢となった場合の世話はまだしも、人間が高齢になった時の犬や猫たちの世話ができるのかどうなのか。そう考えるとこの問題はこれからのペット社会にとっての大きな課題となるのかも知れない。


この課題の解決のために、100CLUBとして何かお役に立てることはないものかどうか。実のところ、先日来、仲間を集めていろいろ相談をしてみた。

当面、100CLUBのお客様に何事かの問題が生じた際には、すぐにでも駆けつけてお手伝いをする体制を整えてみようということになった。


年が明けたら早々にも、犬や猫たちと暮らす方々をお助けする100CLUB部隊を編成してみようと考えた。

適正なスタッフも募集して、どうせ始めるなら中途半端なものでなく、本当に頼りになるようなスタッフ編成をしなければならないと思っている。


by threewedge | 2014-12-10 14:51 | Comments(0)