イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「ペットフードで健康になる」を評する Ⅳ

本書の中で、私が最も頭に来るのは、坂本さんにではなく、坂本さんがインタビューをしたY社の社長の言葉である。

ここでは100CLUBと言ってはいないが、明らかに当社のカルシウムサプリメントに対する中傷発言をしているのだ。

余りにも大人気ないのでこれまでこの件に触れたことはないのだが、改めて再読してみてこの人のでたらめ発言に対しこのまま黙っている訳にもいかない気分になってしまった。


その発言は

「尿路結石の改善については、いろんな実例が積み重ねられつつあります」

この発言も意味不明なのだが、続けて

「これは他のフード会社さんの問題ですけど、カルシウムの補給に石灰石が使われたりする。動物の骨を原材料に使えば、もとは同じ動物が食べて作ったものですから、身体にはやさしいわけですよ。それは化学記号で言うとCaという同一のものですが、石をカルシウムとして取り込むのとはぜんぜん違う」


ここで「・・・他のフード会社さん・・・」と言っているのは100CLUBのことである。何故なら当社のみがカルシウムサプリメントが石灰石(鉱物由来)と公表していたのだから。


そのほかの部分は、もう滅茶苦茶で、何を言っているのかチンプンカンプンな文脈で、坂本さんも坂本さんで、こんな話を聞き書きとはいえそのまま原稿にしてしまったのは大失態だと思う。


当社のカルシウムサプリメントは、石灰石(
CaCO3)から純粋なカルシウム(Ca)を抽出し、醗酵L型乳酸カルシウムやマグネシウムなど、すべて天然由来の10数種の成分を配合したカルシウム化合物である。

石灰石を粉にして作られているのではない。


ちなみに、人間も含めたカルシウムサプリメントにはおもに3種類のカルシウムがあげられる。

カルシウム自体はほとんど水に溶けない、つまり水溶性が悪いのだが、その悪い順に3種のサプリメントを順に述べると

・炭酸カルシウム(CaCO3)→卵の殻、貝殻などで、水溶性が極端に低いため、体内の骨に吸着する可能性が高く使用するべきではない。犬の手作り食などの本では、卵の殻をすりおろしてカルシウムとして使うことを薦めているものもあるのだが、これなどはとんでもない話である。

・燐酸カルシウム(H3PO4)+(Ca)→馬や牛、魚などで炭酸カルシウムより水溶性は高といわれている。

・乳酸カルシウム(C6H10CaO6・5H2O)→燐酸カルシウムの3800倍、炭酸カルシウムの6800倍の水溶性が高いといわれており、そのため余剰成分が体内に残らないので過剰摂取障害がない最も優れたカルシウム化合物といわれている。


簡単な説明かも知れないが、この位の知識はメーカーの社長であれば知っていなければならないし、ましてや他社の批判などとんでもない話ではないか。
当社に対する批判に限らず、Y社の本書における発言は余りにもひどすぎる


もう一つ例を挙げれば、Y社では顧客の犬たち1頭ごとにフードの配合を変えるのだと言い募っている。そんな荒唐無稽のことをどの面下げて言えるのだろうか。

本書の罪なところは、こんなとんでも話に惑わされる愛犬家を多く作ってしまったところにあるのではないだろうか。


by threewedge | 2015-02-20 19:42 | Comments(2)

「ペットフードで健康になる」を評する Ⅲ

本書で7つの大罪の1つとして、ペットフードに含まれる添加物について書かれている。

油脂、酸化防止剤、合成着色料、着香料、乳化剤、発色剤。さらに防カビ剤、安定剤ゲル化剤、凝固剤、軟化剤、膨張剤などが含まれるという。

この中で特に問題なのが、エトキシキン、BHABHTで、発がん性が疑われる酸化防止剤だ。最近では、この3種については悪名が拡散したので、「自然派保存料使用」とうたってビタミンCEなどが使われているようだが、とてもそのようなものでは酸化防止効果は疑わしい。


ちょっと本書からの話から離れるが、以前「暮らしの手帳」でペットフード数種類の成分分析を行ったことがある。

その結果、エトキシキン、BHABHTなどの酸化防止剤は不使用とうたっていた商品から殆どもれなくそれらの成分が検出された。つまり各メーカーは偽装表示をしていたことになるわけだ。


本書が取り上げた各メーカーは、国産であり無添加ということが条件であったはずだ。

私には国産が良くて輸入が悪いという理屈は良く分からないのだが、坂本さんはそう考え、しかも大きなメーカーは取り上げず、新規参入したばかりの、極端に言えばまだ商品化さえ出来ていない会社もあったと記憶する。


したがって、一部のメーカーは除いて、従来のペットフードに対し批判精神を持って毒性の少ない良心的なペットフードを作ろうと、大真面目に真剣に取り組んでいるメーカーも数社あったように思う。

そうは思うのだが、フードの形態はあくまでもドライフードであり、その素材は厳選されたものであろうとも、油でコーティングした酸化をどのように防止するのか誰も説明はしていない。


坂本さんは、日頃、無添加でなければいけないと言っていて、そのような国産ペットフードメーカーを選びルポして本書を構成した。しかしそのような理想的な、商品は誰にも作れるはずもないのだから、本書は出発点から大きな過ちを犯してしまったのだと思う。

本書は、この手の本にしてはずいぶん売れた。そうなったことで、この本を読んだ読者は大いに混乱し、また現在に至っても、ここに掲載された何がしかのペットフードを与え、そのことで愛犬の調子を悪化させることになった愛犬家は決して少なくはない。


そうなってしまったことは一概に坂本さんの罪だとはいえないところもある。

坂本さんはUMA(Unidentified Mysterious Animal)に大変興味を持っている人で、何とかネッシーに会えないかスコットランドのネス湖にまで行った。

私は、そのネッシー話を徹夜で聞かされうんざりしたことがある。UMA、いわゆる未確認生物に思いをはせる、そういうロマンティストではない自分にとって、まったく興味のない話を徹夜までして聞かされるのは拷問に近い。


このエピソードは坂本さんを辱めているつもりではない。そういう坂本さんのような人が、犬たちのためとはいいながら、余りにも現実的で夢のかけらもないようなペットフードなどにのめり込んでしまったことで、ミイラ取りがミイラになってしまったのではないかと思っている。


by threewedge | 2015-02-18 18:04 | Comments(0)

「ペットフードで健康になる」を評する Ⅱ

「ペットフードで健康になる」は坂本さんによるルポルタージュである。

ここでは、3人の獣医さん、そして20社弱の国産ペットフードメーカーの社長さんたちからの聞き書きが主たる内容で、3人の獣医さんの内1人は、獣医なのかペットフード屋さんなのか良く分からない。


坂本さんは、アンチ輸入ペットフードというところがあって、特に100%原料表示、そして無添加、また国産にこだわっていた。

そうだとすると、ここに紹介されているフードメーカー各社のうち、坂本さんの趣旨に適っているメーカーは何社あるのだろうか?

例え1社でも、添加物を用いているメーカーがあるとしたら、まじめに頑張ってより良いフードを作り提供しようと思っているメーカーからすると噴飯ものであろう。


例えば、ペットフード、7つの大罪(この本ではその7つが明確でないところがある)の1つとして、肉骨粉の恐怖という小見出しがある。

肉骨粉はRSE問題が起こる以前は、主に肥料、飼料そしてペットフードにも使用されていた。

つい最近、この使用が禁止されていた肉骨粉が肥料およびペットフードには使用してよいとの通達が農水省から出された。ただし反すう動物の肉骨粉の使用はいまだ禁止されている。つまり牛肉骨粉は今でも禁止されている。

ペットフードは肥料なみなの扱いであるし、したがって本書の中の2社は肥料会社でありペットフードメーカーなのである。


私が知る限り、本書で紹介されている国産ペットフードメーカーでは2社がこの肉骨粉を使用している。そうなると、坂本さんが7つの大罪の1つとしてあげている肉骨粉を使用しているメーカーを、「ペットフードで健康になる」というタイトルの本書で紹介するのはどうなのだろうか。


ルポルタージュという手法においては、取材対照が述べたものを編集してはならないという鉄則があるはずで、そうであるからこそ、インタビュー中はICレコーダーで録音しており、抜き編集はあったとしてもなんら付け加えたりはしていない。

そうなると、各メーカーの発言は、どうしても我田引水とも言うべき発言に終始するのは当然で、これほど多くのメーカーのインタビューを詰め込めば、本書をペットフード選びの教科書とするのは難しく、いささか読者が混乱するのではるのではないだろうかと思われる。


本書では、のっけから谷澤先生の「ドライフード?そんなもの食べさせるからこんなことになるんだっ!」という、強烈な言葉から始まるのだから、その後に出てくるメーカーのほとんどが、そのドライフードなのだから、いったい本書の趣旨をどう捉えて良いのか分からなくなってしまうだろう。


そもそも100CLUBのみが谷澤先生の説と一体になっているフードなのだし、それと同時に私自身、ペットフードのメーカーなどという自覚がない。

単に、鮮度にこだわり、生で食べられるレベルの馬肉を提供しているだけであり、なお、犬を健全に飼育するためにはどうすればよいのかということについて、食餌のみならず飼育全般に亘って情報をお届けすることが100CLUBの存在価値なのではないかと考えている。

したがって、本書における私の発言は、妙に浮いた感じになっていて、こんな形にまとめられるなら坂本さんのインタビューに応じなければ良かったと思っているのだが、今更そんなことを言っても後の祭りになってしまった。


by threewedge | 2015-02-16 11:09 | Comments(0)

「ペッフードで健康になる」(坂本徹也)を評する Ⅰ

2005年2月。光人社から発行された「ペットフードで健康になる」(坂本徹也著)を久しぶりに読んでみた。

帯には「危ないペットフードはもういらない!」(正しいフード選びで、動物たちを幸せにしよう)と謳たってある。


もう今だから本書について多少批判めいたことを話しても良いだろうと思った。

著者の坂本さんとは、この本の取材が始まった頃からの付き合いで、その時から坂本さんは喉頭がんを患っていて、出版後4~5年後に亡くなってしまった。


坂本さんは2頭のミニチュアシュナウザーを飼っていて「アッシュと歩いたヨーロッパ」(主婦の友社)「良い獣医さんはどこにいる」(WAVE出版)「ペットの命を守る」(ハート出版)「二歩先をゆく獣医さん」(光文社)など、ペット関連の本を著していて、ペットジャーナリストとしての立場を確立していた。


「ペットフードで健康になる」に取り掛かる当初、坂本さんから相談があった。

「誰かしっかりした優秀な獣医さんを知りませんか?」

というもので、私は即座に、錦糸町にある「谷澤動物病院」を紹介したのだった。


この本の冒頭第一章は「ペットフード、7つの大罪」とあり、続けて、・ペットフードなんかあげちゃ駄目なんだ、という第一のタイトルが書かれてある。

そして本文は、谷澤先生の言葉として

「ドライフード?そんなものを食べさせているからこんなことになるんだっ!」

谷澤浩二先生の怒声は、きょうも待合室まで響いてくる。


私はこの本が出版されたとき、坂本さんに少し文句を言った。

ペットフードといわれている、その手のものは、谷澤先生のドライフードの否定からから始まるこの本では、そこに紹介されている殆どの国産メーカーがドライフードなのだから、大いに矛盾する内容になっているのではないか。

タイトルが「ペットフードで健康になる」ではおかしいのであって、「ペットフードでは健康にならない」とするのなら矛盾がないのではないか。

はじめに、として書かれてある、坂本さんが影響を受けたと思われる、カナダ在住のアン・N・マーチンが書いた「食べさせてはいけない!」「恐ろしいぺットフード」(白楊社)

と、谷澤先生の言葉は一致する。


そうなるとこの本の内容と、タイトル、第1章、書き出しには大きな矛盾があり、読者を混乱させることになりはしないか。

私はそのようなことを坂本さんに話した。

しかし、本が出来ちゃってからそれを言われてもどうにもならないし、自分の思いは十分書き込んだつもりだし、分かる人には分かってもらえるのではないかと思う、と答えた。


「ペットフードで健康になる」が出版されてからほぼ10年。

坂本さんが亡くなるまで、私とは濃密な関係が続いたのだが、このたび本書を再読して、いろいろと思うところがあったので、このブログで数回に分けて本書の検証を進めてみようと考えた。


何故なら、そのことが今でも続く犬や猫たちの誤った食餌管理から引き起こされる悲劇が増え続けていることを放置してはいけないと思うからに他ならないし、ひいては坂本さんの遺志を継承することになるかも知れないからだ

by threewedge | 2015-02-13 14:57 | Comments(2)