イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

宣伝をしなくも良いものは良い

今朝、公園の中を自転車で走りながら、いろんなことが頭を経巡った。


犬と散歩している人たち。ランニングで汗を流している人たち。多分雨の日以外は仲間で集まって紙飛行機で遊んでいる老人たち。今、美術館では「速水御舟とその仲間たち」をやっているので観覧者がいつもより多い。そしてサッカー、野球・・・・。

とにかく公園は、一日中、目的はそれぞれにしても人で溢れている。


そんな光景を目にしながら自転車を走らせて、今日も泰山木の樹に寄ってみた。泰山木の花は豪勢ではありながら、どちらかといえば花持ちがわるいように感じる。花が純白で巨大でもあるためそれが目立つのかも知れない。

カメラを取り出して数枚撮って、遅刻しないように急いで自転車を走らせた。


公園で遊ぶ人たちに比べ、自分は、どうしていつもこう忙しないのだろう。

その答えには、ショップに着いて、このブログを書きはじめてから気が付いた。


私は、26歳のときから画の仕事を始めた。

子供の頃から、それまでは、遊びが過ぎるほど遊んだのだが、仕事を始めてからは、そのような自由な時間を過ごすことが全く無くなってしまった。

日本でも海外でも、しょっちゅう旅をし、一見、遊び呆けているようでも、それはすべて仕事に絡んだもので、芯から気の休まる時はなかった。


そのような生き方になってしまった理由の一つは、根が貧乏性だからである。もう一つの理由は、熱中するほど好きなことを仕事にしてしまったことだと思う。

幾日か、寝ずに頑張っても辛くもなんともない。むしろそういう時ほどハイになってしまう。

よく、他人から、好きなことを仕事にしていて幸せですねぇ、と言われる。

自分では、これで良かったのかどうか分からないのだが、好きこそものの上手なれ、と昔から言われているように、今の仕事にしても好きだからこそ、辛いことではあるけれど一切の妥協を許さない姿勢でここまで続けられて来たのかも知れない。


d0290407_14300511.jpg


話しが急に変わってしまうのだが、今の私の気分には大いに関係があるので、あえて書き留める。
糸井重里さんがコピーライターをやめた、という記事を読んだ。

原稿用紙1枚いくらじゃなく、一文字いくらという新たな価値を創造した宣伝業界のカリスマだ。


「君にクラクラ」(カネボウ) 「よろしく」(矢沢永吉) 「僕の君は世界一」(パルコ)など。このキャッチコピーで二千万円とか三千万円だとすると、一文字一千万円ということになる。

記事によると、糸井さんがコピーライターをやめた理由は、良い商品、必要な商品というものは、宣伝などしなくても売れるのだ、ということに気が付いた、と言うのだ。

それを聞いて、時代が変わったなぁという感慨と、今頃気が付いたのですか?という、ちょっと複雑な気分になってしまった。

宣伝のカリスマにして、宣伝のむなしさ、嘘っぱち、まやかしに嫌気がさしてきたのかも知れない。


by threewedge | 2015-05-31 14:24 | Comments(0)

秋田犬が鮭を捕まえた

一昨日、三軒茶屋に用事が出来て用賀からタクシーに乗った。

よくしゃべる運転手で、時々後ろを振り向いてまで話に熱中するので、内心冷や冷やもした。


宮城県の仙台から東京にタクシーの仕事で出てきて10年経つのだそうで、歳はいくつか聞かなかったのだが、多分70に近いのではないかと思った。


用賀のショップの前からこのタクシーに乗ったのだが、その際、ショップの「珀」の看板を見たことが話に熱中する原因だった。

「あの写真の犬は何ですかぁ」

相当な東北なまりでそう聞いてきたので

「秋田犬ですよ」

と応えてから先は、この高齢運転手のおしゃべりが目的地についてまで止まらなかったのだが、話の中身は大変興味深いものであった。

d0290407_19004856.jpg

仙台に住んでいたころ秋田犬の赤犬と猫を飼っていたのだが、犬が12歳、猫は18歳まで育てたのだという。

名取川の川べりを散歩していたある時、鮭の遡上のピーク時にぶつかった。

それを見た秋田犬がリードを振り切って川に飛び込み、鮭を咥えて嬉しそうに戻ってきたのだという。

「いやぁ~いやぁ~。しっぽを振って、ほんとに嬉しそうだったもん。ところがそれを漁協に見つかって、そりゃだめだ~って言われたけど、じゃぁ~どうすりゃいんだぁ~って言ったのよぉ~」

このなまりが、上手く伝えられる自信はない。

「熊みたいですねぇ」と応じたが、この話が本当かどうか分からない。


秋田犬は大型犬でありながらマズル(口吻)が短い。シェパードなどと比べると半分くらいしかないような感じだ。闘犬として土佐犬に敗北したのは当然だと思う。

マズルが短いということは口の開きが小さいということだから、遡上している鮭を捕まえ、飼い主のところまで咥えてくるなどということはにわかに信じられない。

それにしても、こんなに面白い話が地元弁で聞けるとは、結構贅沢な気分にさせられるものだ。


by threewedge | 2015-05-29 18:54 | Comments(0)

最後の開発商品

毎日、やらねばならない仕事が5個も6個もあって、このブログもその1個なのだが、今は毎日の更新などとても出来ないくらい大変な状態だ。

これからはブログだけをやっていればいいよ!ってな優しい言葉などかけてくれる者など誰もいない。


こんな泣き言を言いながらも、実は今、眠れないほど興奮して仕事に夢中になっている。

まるで大涌谷のような鼻息になって、時々、訳の分からないことをわめき散らしたり、とにかく周りの者にえらく迷惑をかけることにもなっている。

これが来月に入ると、いよいよピークに達してくるだろう。


他人事のようなことを言っているようだが、これまでの長い長い事業人生を省みたとき、この事態はいつものパターンで、一つの物事を成そうとするとき、それが完成間じかになればなるほど沸点に近づいてくる。

d0290407_18254369.jpg

芸術は爆発だ!と言ったのは岡本太郎だが、まさに事業もそういったところがあるのだろうと思っている。
それが成功作となるのか失敗に終わるのか、結局はやってみなければ分からない。

このやってみなければ分からない、というスリリングなところが、この仕事に病みつきになってしまう理由なのかも知れない。

競輪でも競馬でも、当たらない確立のほうが圧倒的に高い。ギャンブルとはそういうものなのだ。


競輪といえば友川かづきの名前を挙げない訳にはいかない。

友川さんは、競輪は文学だ、と言い、また「勝たなければ、という気もしっかりあるが、その一方でまた、競輪を、恥ずかしいぐらい愛している。競輪がもし、私の病気なら生涯治らないでほしい」

競輪を、犬、猫に言い換えれば、まるで自分のような気もするが、とても足元にも及ばない。


とにかく、何としても7月には発売したい商品がある。

多分、自分にとっては最後の開発商品になると思っている。

そういう意味で集大成としてふさわしい商品でなければならない。

そのような結果になるかならないか、そのすべてはお客様の評価であり、犬や猫たちがどれほど喜ぶのか、その食いっぷりにも掛かっている。


by threewedge | 2015-05-27 18:21 | Comments(0)

本質は野生にこそ存在する

夜中、どうしても寝付かれなくて、なんとなくぼんやりTVをみていたら、その際放映されていたドキュメンタリー番組を見て驚いてしまった。

NHKNEXTとかいう番組だったと思う。

以下はその受け売り話になるし、またこの番組を見た方も大勢いらっしゃると思うのだが、余りに感動的だったのでここに書き留めておこうと思った。


ディズニーランドの4倍くらいの面積をもつ北海道の牧場で、完全放牧を実践する女性の牛飼いの話だ。

その広さに40頭前後の頭数を飼育している。


完全放牧とは牛を野生に戻すといって言い過ぎでも何ともない。

出産子育ても自由。餌やりもせず、牧場内に自生する様々な草を勝手に食べている。雪深い冬もほったらかし。

つまり生まれてから、出荷するまで野生そのものの環境で育てているのだから飼育していると言っていいのかどうか分からない。


そのような環境に育つ牛たちは、普段、畜舎で濃厚飼料を与えられて育った、まともに歩けないような鈍くさい牛ではなく、その行動は、体型こそ違うものの野生の鹿と見まごうほどだ。角を突き合わせて遊んだり、駆け回っている牛が、本当に幸せそうに見えて仕方なかった。


それにしても、北海道の牛飼いの女性は腹が据わっている。

こんなくそ度胸をもった人間などそうはいない。こんなやり方で採算が取れるのかどうか分からないが、ある時、どうしても出荷を急がなければならないことがあり、一時的に畜舎に一頭の牛を入れ、濃厚飼料での肥育を試みた。

結果、その一頭の牛は体調を崩し、餌の食いも止まってしまった。そこで出荷をあきらめ牛を畜舎から出し仲間のところに解放してあげた。

その喜びようといったら半端じゃなかった。

d0290407_18265012.jpg

ところで、このようにして野生で育った肝心の肉の味はどうなんだということになるが、当然霜降り肉などできるはずもなく、赤身の硬い肉質になる。

番組の中でプロがステーキを焼いて、野生肉パーティーが始まった。ちょっと鹿の肉の味に似ているという話も出ていたが、体験のないほど感動的な味がすると異句同音に言っていた。よだれが出そうになったが今の私では歯が立たない。


畜産もそうなのだが、近代化というのは、ものの本質からどんどん離れていってしまい、それどころか、ほとんど本質を見失ってしまっていると思える。

例えば、この話のような野生牛であれば、犬や猫たちの食餌にわざわざ馬肉を選ぶ理由も絶対的なものではなくなるのだ。本来の牛肉であれば問題ないと思うのだが、それを望むことは最早あり得ない時代になってしまった。

犬も猫たちも、出来るだけ野生的に育ててあげたいと私は思っている。

せめて食餌くらいは本来の食べ物を与えてあげたい。


ところが、そのような本来の食材を探すことすら、それほど簡単なことではないということを、実は今現在、いやというほど思い知らされているのだ。


by threewedge | 2015-05-22 18:19 | Comments(0)

犬食の3種の神器

昔の、犬育てで食餌の三つの定番は、鶏の頭、豆腐のおから、そして魚の粗だった。

この三つに共通しているのは、いずれも金を払うことなく容易に入手出来たことである。


これらを残飯に加えたり、ドッグフードなるものが出回り始め、それが総合栄養食であると謳われようと、プロとかプロ的な犬飼の食餌に、この定番は欠かさず加えられていた。


自分もその体験をした者として、そのような定番食の栄養バランスが完全なのかどうかといえば、むしろはなはだしくバランスを欠くものである事は一例を挙げれば明らかだと思う。


鶏頭を鶏の屠場から大量にもらってきて、寸胴鍋で数時間煮込む。

この間、ものすごい臭いで、とても都会の台所などでは耐えられないような気がする。

その後、くちばしを取り分けて犬の食餌に加えるのだが、ちょっとでも与え過ぎると、もれなく犬や猫たちが大量の目ヤニを出すようになる。


どの位の量が適量なのかということになると、所詮、鶏という一生命体の頭部分が、どのような栄養価を持っているのか、よほど厳密に調べるほか知るすべもない。

魚の粗にしてもそうで、たんぱく質が抜け落ちている部位としか思えないし、いずれにしても偏った栄養価をもった代物であろうとの推測は付く。


d0290407_11553587.jpg


このような偏った原料でバランスの取れた食餌を構成しなければならない方法はとても難しい話であることは当然で、そこには明確な、科学的な根拠がある話とは到底思えない。

そういう理屈では分からないところを、犬を観て見分けるところが犬飼いのプロなのだと、そういう言い方をしていた旧い時代の人は大勢いた。


今でもそういう人がいないわけではないのだが、ここまで科学が進歩した時代にあっては、そのようなことでは余り説得力を持たなくなってきたのではないかと思える。


by threewedge | 2015-05-18 11:51 | Comments(0)

食性を変えられてしまったペットの悲劇

犬や猫たち、そしてその仲間たち、つまりネコ目の動物たちの胃腸を解剖し分析すれば、生前その子たちがどんなものを食べていたのかが分かる。

ここで大事なことは、同じ肉食動物の仲間であるのに、ペットとなってしまった犬や猫たちの胃の内容物と、野性や動物園の仲間とはそれがまったく違うことだ。


ネコ目と分類されているということは、その食性が肉食動物、つまり捕食動物であるということで一致しているグループということなのだから、その生息地域の違いがあろうとも、胃腸の中のものはすべて捕食されてしまった動物の未消化部位が出てくる。

ここでは、間違っても米や小麦など炭水化物、トウモロコシやサツマイモと言った穀物などはまったく出てこない。


ところが、ペットして育てられた犬や猫たちからは米や小麦など炭水化物、トウモロコシやサツマイモなどの成分がたっぷり出てくるのである。

この結果は何を示すのだろうか?


d0290407_14584629.jpg


また、この地球上の自然の生命は、食物連鎖、自然淘汰という法則にのっとって進化を遂げてきた。


その法則を打ち破ってしまったのが、どうやら私たち人間のようで、言いだしてみれば切りのない話になってしまうので止めておくが、犬や猫の食性を無理やり変えてしまったという暴挙はどうにも許しがたいし、現代においては、犬や猫たちの存在が、巨大なマーケティングのツールとなってしまった。


食性に適った食を与えられないという悲劇をこうむった動物は、ペットになった動物の中でも犬と猫たちが特筆すべき存在ではないだろうか。

熱帯魚、金魚、猛禽、蛇などのペットは、犬や猫たちに比べればはるかに全うな食餌をしている。


by threewedge | 2015-05-15 14:41 | Comments(0)

馬肉食に負けない完全食


ロックスターのポール・マッカートニーは、以前、日本の和歌山県太地町におけるイルカの追い込み漁に対し徹底的に批判を繰り返したことがある。


その際、韓国の犬食、中国の野犬狩りの残酷さについても合わせて批判を繰り返した。

そんな国では自分のコンサートは絶対にやらない、そういい切ったのだ。


それなのに、6回も日本でコンサートを開き(内何回かはドラッグで入国禁止になったようだ)興行的に大成功を収めたようだ。韓国でもコンサートを開き中国でもやったのかどうか知らない。

そんなことならイルカのことなど批判するのは止めればいいのに、と思うのだが、いざ金稼ぎになると言った事は知らん振りの欺瞞男なのだ。


d0290407_12452129.jpg

先日、世界動物園水族館協会(WAZA)から、この太地町の追い込み漁で捕獲したイルカを水族館の展示に用いていた日本動物園水族館協会(JAZA)を除名処分にする云々とのニュースを知った。


アメリカ、それに続いてカナダも、イルカと同じように馬の屠蓄を禁止しようとする動物愛護運動が強まり、もはや馬食文化も風前のともし火という状況に立ち至っている。


100CLUBとしては、国産馬の提供をこれからも全力を尽くして提供し続けていく所存に違いはないが、犬や猫たちにとって最良の食とは何か、ということについて馬肉に加え、もう一本の柱となるべき食材を開発しなければならないと考えてきた。


それは馬肉に勝るとも劣らない商品でなければならない。

栄養成分の万全性、安全性、安定供給等、いずれをとっても馬肉と優劣を付けがたい商品にならなければ新たに創り出す意味がない。


そのような高いハードルを設けたのはいいのだが、自分の歳を忘れていたことは唯一のミスだった。


by threewedge | 2015-05-13 12:31 | Comments(0)

糖質抜きは人間だけじゃない

雑食動物といわれる私たち人間の食の話である。

ローカーボ食、グルテンフリー食、シュガーレスなどと呼ばれる食が、アメリカに始まって日本にも流行の気配を見せている。

これらに共通しているのは、食材に主に含まれる糖質を制限することで、糖尿病などの生活習慣病には罹患しないのだといわれているが、そこは私も少々の体験があるので納得できる。


みんながこのような食習慣を身につければ糖尿病の医者が要らなくなってしまうと思うのだが、それはよくしたもので、糖尿病の専門家は、ローカーボ食は癌になりやすいとかいって、なんだか訳の分からないデータを出して異論を唱えている。


馬の飼育の話だが、通常馬の餌は飼葉と相場が決まっているのだが、馬の役割が食肉用となったとき、ある期間、肥育を行う。食べておいしく、また肉量を増やす目的で、競走馬の時には本来飼葉ばかりを食べさせていた馬に糖質を与えて太らせる訳だ。


また、野生の肉食動物、例えば犬たちの祖先でもあるオオカミなどを解剖し、胃腸の中を調べ、生前何を食べていたかという調査を怠らないのが動物生態学だが、肉食動物の胃の中は、当然カーボ、グルテン、シュガーレスである。

人間は旨いとか、不味いとか、勝手な世迷言を言い募り、食べ物の話だけで1時間のTV番組が作られてしまような有様だが、犬や猫たちの食にとっては、まったくそのようなグルメ話は糞くらえで、お願いだからカーボ、グルテン、シュガーレスの食餌にしてくれと懇願しているように私には聞こえる。

d0290407_18064497.jpg

どうも人間にとっても、糖質過多の食餌は健康に害があるようだ。
ましてや、雑食ではない肉食動物である犬や猫たちに、糖質の多く含まれる食材を与えるのは大変罪なことだ。

そう思って、長いこと馬肉が最もふさわしい食材であろう思い、推奨し続けてきたが、価格の高騰、品薄という自体に、これ以上お客様にご迷惑をお掛けするわけにはいかない、という想いで、馬に勝るとも変わらない食材を求めるために今奔走して

いるのだ。

それでも、未だこれと言った商品は完成しないのだが、それは必ずやり遂げて、犬や猫にとって完全食を作り上げてやらねば、馬にありつけない子達が不憫でならない。


by threewedge | 2015-05-08 17:43 | Comments(0)