イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

最新のコメント

楽しみにお待ち申し上..
by threewedge at 14:50
ぜひ伺います。
by 吉岡 at 10:48
コメント有難うございます..
by threewedge at 22:41
心中お察し申し上げます。..
by 吉岡と申します at 21:40
有難うございます。馬肉と..
by threewedge at 10:16
待ってました!パッケージ..
by chamiba2 at 04:27
chamiba2さん ..
by threewedge at 12:18
読みました。購入した事の..
by chamiba2 at 03:53
私の発言は敵ばかりを作る..
by threewedge at 11:03
以前貴社のカルシウム..
by noriran at 13:35

外部リンク

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

回想の記

昨年は、戦後70年ということで、さまざまな記念行事やら戦後を回帰する出版物、TV番組など目に付いたが、余り過ぎ去ったことを振り返らない性格もあって、取り立てて興味を持たなかった。
ところが、12月に「珀」を亡くしてから、「珀」の仔犬の頃からの10数年に思いを巡らしているうちに、自分の70年について際限も無く思いが募ってきて、それ以来不眠症がぶり返してしまった。

ほとんど破茶滅茶といっていいほど生き恥をかきまくった人生だったし、それは昔話にとどまらず今もって続いているので、今更気取ってみたところで仕方ない。
そこで、どうせならここで思い切り吐き出してしまった方が不眠症も治るかもしれないと考えた。

そういう目的なので、お読みになった方には大変失礼な話しになるかもしれないし、何のためにもならないことになるだろうと推測する。ただし余り重い話を書くと辛くもなるので、このたび思い出した自分の趣味の話しに留めることにする。
ただし趣味とはいっても、その趣味の大半はその後、この歳になるまでほぼ仕事に直結している。
今の100CLUBにしても趣味の延長線上に存在するといって間違いではない。

小学生の頃、戦後7~8年には、町に一つしかなかった映画館に毎週のように通い詰めていた。
相棒だったスピッツも連れて行きたかったので、映画館の親父さんに何回も頼み込んでみたがどうしても犬は駄目だよ!と断られた。
嵐寛の鞍馬天狗、片岡千恵蔵の「七つの顔を持つ男 多羅尾伴内」、市川右太衛門(北大路欣也の父)の旗本退屈男。とにかく、かけ物が変わるたびに映画を観続けた。

中学に入ると、もう一つの映画館が出来た。
それは洋画専門館で、最初に見た映画は「遠い太鼓」という西部劇で、ゲーリー・クーパーが主演だった。「遠い太鼓」ってよく意味が分からなかった変なタイトルだなぁとは思っていたが、後に原題の「Distant Drums」というのだから「遠くから聞こえるインディアンの太鼓の音」ということだと思う。
この洋画館の映写技師の息子が転校してきて同級生となり、その住まいが映画館だったため、日を空けず遊びにいってそのたびに映画を観ていた。
この頃は映画に浸った毎日だったが、「昼下がりの情事」も情事をジョージだとばかり思っていた年頃だった。

この頃、11歳で親父が逝ってしまい、自分が寂しいだろうと思ったのかもしれないのだがテレビを買ってくれた。その日、家では赤飯まで炊いてお祭り気分だったが、その日も自分は映画館にいた。
「ALL WAYS 三丁目の夕日」という映画は全くこの時代を背景に話が展開する。

叔母が麻布の仙台坂上で床屋をやっていて、夏休み、春休みにはほとんど麻布で遊んでいた。従って東京タワーが徐々に立ち上がっていく様をいつも眺めてはいた。
よく麻布で遊んだ一番の目的は、麻布十番にあった寄席だった。
客席は椅子ではなく桟敷で、空いているときなど桟敷を走り回って、確かタバコの灰皿にけつまずいて大きな音を立ててしまった。
その時の演者が「柳亭痴楽」という林家三平の元祖のような爆笑王で、話の途中だったので怒鳴られるのではないかと首をすくめていたら「痴楽」が「元気が一番だよっ!!」と言ってくれてホッとした。

このような話を今日から4~5回にわたって書いていこうと考えている。
# by threewedge | 2016-02-26 18:36 | Comments(0)

無感動の危機

これからの日本が、日本人が、無感動になることに危機感を持つと、司馬遼太郎が言ったという。
20年前の話だ。
確かに、確実に、芸術分野も低迷していることを感じるし俗化していることも事実だ。
インターネットや新聞、TVなどのメディアも、見るべきものも少なくなってきたし、この低俗化は一体何がもたらした状況なのだろうか。

最近、私はTVのニュースもなるべく見ないようにしている。
否応無く憂鬱になってしまうからで、こんなに気分を悪くしてまで見ていることもないだろうと思っている。

先日、野坂昭如さんが亡くなった。
いろんなことを思い出すが、深沢一郎のラブミー農場の近くで無農薬の米作りに挑んだときも散々な結末を迎え、田中角栄と選挙で戦った結果も散々だった。

そういう夢追い人が、一昔前は結構いたもので、例えば、今に続いている朝まで生テレビという番組も、これほどつまらなく、そしてひどい出演者ではなく、野坂を始め、大島渚、西部邁、小田実など、ことの是非はともかく、それぞれの論客が口角泡を飛ばすが如く激論を交わしていた。
この収録中、ずいぶんと酒が回っていたこともあった。

持論をもって激情に走るような、命懸けの純粋、真剣、真面目さをもった傑物が本当に少なくなった。面白くもなんとも無い。

話は変わるが、今、私がTVで欠かさず見ているのが土曜日の夜、9時から1時間、BS日テレで放映している「小さな村の物語 イタリア」だ。
伝統、気候風土に根付いた村人の暮らしのドキュメントだが、かつては日本でもこのような美しい光景が存在したような記憶がある。
明るく素朴な日々の生活。その周りには必ずと言って良いほど犬もいて猫もいる。
この光景が、演出されたものなのか、まんまこの通りなのか、そんなことを考える必要は無い。
もし、この拙文を読んで興味と、ちょっとした暇がある方は一度ぜひ見ていただきたい。

今の世の中から感動を得られるものが何もない訳ではない。
例えば犬や猫と暮らしている人々の多くは、少なからず彼らの存在に感情を揺さぶられている。
しかしそれだけではちょっと寂しい気もする。
少しささくれ立った感のある人間関係を、もう少し寛容な精神、豊かな感性、ユーモアの精神で付き合う社会になったらこれほど楽しいことはないだろうと願っている。
そういう意味では、私自身、多くの素敵な人たちに囲まれた、この100CLUBを終生の仕事としたことを幸せに感じている。
# by threewedge | 2016-02-19 18:54 | Comments(0)

犬や猫たちは家畜じゃない

カレーハウスCoCo壱番屋の食品残渣物のとんかつが、廃棄物業者、そして何社かの仲介業者を経て弁当やスーパーで食品として販売されていたことが発覚し問題になっている。
毎年のように発覚する食品偽装の一端がまた問題になっているのだが、これ程多発するということは、発覚を免れているものを推測すれば、安心して食べられる食品の方が少なくなってしまうのではないかと思うほどだ。

この様な食品廃棄物は、国が食品リサイクル法という法律を作って、食品を有効活用して飼料を作ることを推進しているために、その法律を悪用しているからに他ならない。
行政も、食品残渣物を有効利用するという言い方は印象が悪いと考えたのか、食品残渣飼料、いわゆるサイクル飼料をエコ・フィード(eco-feed)というしゃれた呼び名を考えだした。

つまり、食品残渣物は、このたびの事件のように、再度食品に用いてはならないのだが、飼料には有効活用しても問題はないと行政も推進しているのだ。
したがって、エコ・フード(eco-food)ではなくエコ・フィード(eco-feed)という訳だ。

このエコ・フィードの中には当然ペット・フードも含まれる。
だから、前にもブログに書いたがペット・フードではなくぺット・フィードと言わねばならないのだ。

犬や猫たちを大切に飼育している方たちは、まさか家畜を飼育しているなんて思っている人などいるはずが無い。
それでも国は犬や猫たちは家畜と位置付けているのだ。

犬や猫たちも含め、牛・豚・鶏など、家畜全般がこのエコ・フィードを食べさせられている。したがって、私たち人間も間接的にエコ・フィードから逃れられない運命にあると言えなくは無い。
しかし、ペット・フィードを直接与えられる犬や猫たちはたまったものではない。
いずれのメーカーのペット・フードが、どれほどきれいごとを言ったとしても、この事実からは逃れられない。

このようなペット・フィードを避けて、犬や猫たちを食のリスクから逃れるためには、人間レベル、つまり食品レベルで、なおかつ無添加食品を選択し、また肉食動物の食性に適った食を選択するより方法は無い。
# by threewedge | 2016-02-01 18:45 | Comments(0)

先に逝かれてしまった

「珀」が逝ってしまってから、このブログを何日分も長々と書いた。
しかし、それはとても公表できるようなものではなかった。
明日には49日を迎えることになるのだが、この間、ほとんど惚けていて仕事も手につかない状態が続いていた。

「珀」を逝かせてしまったことは自分の飼育の怠慢、油断によるところは明らかだった。
悲しみ、そして喪失感もただごとでは無かったが、己のミスで死に至らしめてしまったことの悔恨に激しく苛まれることになってしまったのだ。

「珀」は、渋谷のハチ公と同じで、秋田県の大館から送られてきた。
生後2ヶ月半。真っ白な熊のぬいぐるみのようで、スタッフ一同からアイドルのような扱いを受けて育ってきた。
それから12年近く、三軒茶屋、駒沢公園、用賀のショップが「珀」の住処だった。
同じ秋田犬の「虎次郎」「桜」、シェパードの「レイ」そしてスピッツの「雪の丞」の4頭が仲間だった。

したがって「珀」もそうなのだが、100CLUBのスタッフ犬の全てがペットというより、犬同士の群れの中で出来るだけ野生的に放任主義で飼育してきた。
ただ食餌は生馬肉食一本やりで、避けがたい遺伝的な疾病になって運命が左右されたことがあっても、全てのスタッフ犬が獣医知らずに健康そのもので育ってきた。

最近、2ヶ月間ほど、ようやく飼育の場所が自宅になって「珀」と「雪」は自宅でペットとして一緒に暮らすようになった矢先の出来事だった。
「珀」と自分は、種こそ違ってもほぼ同年齢で、お互い長生きしようといつも話し合ってきたのだが、こんな形で先に逝かれてしまった。

唯一の救いは、入院時の血液検査、そして死後の組織検査のいずれのデータをみても、死因となった卵巣膿瘍以外は健康体そのもので、腫瘍のかけらも無かったことだ。
食餌管理だけは間違ってはいなかった証明だと思っているが、それだけに己の怠慢が許し難く無念でならない。

今でも、毎晩家に帰ると「珀」の祭壇から線香の香りが絶えることがない。
多くの方々から慰めのお言葉をいただき、「珀」がこんなに愛されていたことに改めてその存在の大きさを思い知った。

同じ食餌管理で育った「雪之丞」だけになってしまったが、その「雪」も来月には12歳になる。
一時は、自分ももう潮時なのかなぁ、とも思いつめたのだが、こんな小さな「雪」の元気な姿を見ていると、もう二度と油断はしないと、気を取り直して改めて仕事に邁進しなければならないと思い直した。
# by threewedge | 2016-01-29 17:28 | Comments(4)

100CLUBの今日この頃

外で初めての人に会ったとき「お仕事は何をなさっているのです?」と聞かれるほど辛いことはない。
ペット関係です、とか馬肉屋ですとか、何か良く分からないことをもモグモグしながら答えたりする。

どうして苦手なのかというと、このペット業界に位置していることに対する嫌悪感にあるのだと思う。要するにこの業界が嫌いなのだ。
したがって、100CLUBは何とか業界から離れたところで孤立しているように見えるように常に意識している。無論、宣伝など一度もしたことは無く、以前は馬肉を珍しがったペット関連の雑誌社からの取材が多くあったりもしたのだが、幸いなことに最近ではそういう依頼もまったく無い。
唯一、このホームページでトボトボと情報を発信しているに過ぎない。

今度、新たにショップを移転したのだが、未だに看板すら掲げていないので、今までのショップに来ていたお客様も、近くまで来ると電話がかかって来て、そこまで迎えにいってショップご案内することを繰り返している。
このままでいいのだろうかと思うこともあるのだが、一度くれば分かるから看板なんか要らないよ、とそう言ってくれるので、お言葉に甘えてしばらくはこのままでいいだろうと思っている。

ホームページ上でも、秋田産の馬肉が超品薄で、オンラインショップから商品をはずしたままになっている始末なのだが、それもどうすることも出来ないので、時折入荷するアイテムを、どうしても秋田産馬肉でなければというお客様に細々と販売している状況なのだ。

このような現状ではありながら「百魚」シリーズは順調に利用者が増えつつあって、この良質な商品が広まって、犬や猫たちの食害を防げればあり難いと考えている。
これから徐々に「百魚」シリーズの情報発信を拡大して主力商品になってくれればと願っている。

このような窮状ではあるのだが、それでもこの業界の欺瞞に満ちた、なお荒唐無稽といっても差し支えないと思える商法には我慢がならない。
どうかユーザーの皆様、目を覚ましていただけませんか。
これでは皆様の大事な犬や猫たちも浮かばれません。
# by threewedge | 2015-11-01 12:25 | Comments(0)