人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

贖罪の一日

年に数日しかない、フリーの一日。
倅から、珀と雪を連れて多摩川に行かないか、という提案があった。
毎年、決まり事だから取りあえず出掛ける初詣を済まし、「珀」と「雪」を車に乗せ、去年、多摩川わんわん倶楽部の方たちに誘われバーベキューをやった辺りに行ってみた。

日頃、私が犬を引けなくなったため、犬にとって絶好の環境に連れ出すことが出来ず、毎日残酷かも知れない飼育に終始している。
そのことを今日改めて思い知らされた。

多摩川の広い河原に放すと、いつもの拍、雪の様子とまるで見違える反応に胸が詰まった。
何と、あのもっさりとした拍が、この寒さをものともせず多摩川に入り込んでいく。
歩くのではなく、走るのだ。
この姿は、「虎」、「桜」、「珀」という秋田犬の三頭が揃っていた時には日常の風景だった。

飼い主がこけると、本当に犬はみじめな事になる。
犬は犬だけでは成り立たない。犬は飼い主がいてこそ犬なのである。
そういう意味で、犬の運命、その生命の全ては飼い主に握られているのだということを、この正月、嫌という程思い知らされることになった。
贖罪の一日_d0290407_148348.jpg

by threewedge | 2013-01-02 20:38