人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

竣介ブルー

今日を外すと終わってしまうところだった「松本竣介生誕100年記念展」を観に、世田谷美術館に出掛けた。
自転車で、たった5分もかからない美術館に、しかもこれほどの至宝ともいえる美術品が並んでいるのに、もしこれを観はぐってしまったとしたらもう生きてる必要もない。
平日にもかかわらず、じっくり観るには人が多すぎるほどで、松本竣介ファンは相当なものだなぁと感服した。

松本竣介の「・・・・・絵の静かさ、美しさは、彼が聾者だったといことではなく、突然、聴覚を失うことになるという残酷な運命を、自分のものとして甘んじて受け容れた(実際、それ以外にどうしようがあっただろうか)彼の、その運命への従順さに由来するのではあるまいか」
これは私の師、洲之内徹の言葉なのだが、作品ごとに繊細な感性が溢れ、それが会場全体に静粛な音楽が流れているような空気を漂わせている。

仙台の宮城県立美術館の「洲之内徹コレクション」からも名品数点がきていて、懐かしい想いと、こういう作品が作られていた時代への郷愁の念にかられた。
竣介ブルー_d0290407_20141089.jpg

by threewedge | 2013-01-11 20:16