人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

生命の連鎖

仮にも、馬という美しい動物の肉を、何とも愛らしい犬や猫の食餌として推奨し生業としている者として、家畜の屠畜について目を背けるわけにはいかないとかねがね思っていた。
何も、私のような仕事をしているものだけでなく、獣肉をむさぼり食べているあらゆる人たちも、決して知らん振りは出来ない筈だと考えていた。
恐らく、そんな残酷な場面は、想像しただけでもご免蒙るという方が大半だろう。
実は私も何回かの屠畜場見学の機会があったのだが、いざという段階になって結局腰が引けてしまったのだ。

何でこんなことを書き出したのかというと、今夢中になって読んでいる本のことをどうしても紹介したくなったからなのだ。
その本のタイトルは「世界屠畜旅行」という。
著者はイラストレーターの内澤洵子で、彼女は世界数十カ国を巡り、牛、豚、鶏は無論のこと、らくだ、羊、猿そして果ては犬まで、その屠畜現場をイラストルポルタージュしたのである。
これは物凄い仕事だ。

犬も猫も肉食動物であるが、人もとにかく肉を食べる。
講談社ノンフィクション賞の「もの食う人びと」(辺見庸著)でも、人が生きているということはひたすら食いまくっているということなのだ。
そうであるからには、肉を口に入れるまでの、つまり屠畜から食品になるまでの工程に目を瞑るわけにはいかないのではないか。
生命を殺すということが悪行というのなら肉を食らうのも悪行に決まっているし、食べるのを良しとするなら、殺すのも良しとしなければ筋が通らない。

何事もにも、光があれば闇がある。
その闇に対しても、決して私たちは目を背けてはならないのだと思う。
by threewedge | 2013-04-12 17:51