人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

ブログも楽しくなってきた

昨日、愛知県のMさんから電話があった。
いろいろなお話があったのだが、何よりも嬉しかったのは、一昨日、内澤洵子の「世界屠畜畜旅行」の事をこのブログに書いたところ、内澤の「3匹の子豚」を読んだことをお話になった。
内澤さんは千葉県の廃屋を借りて、3種類の子豚をペットのようにして飼育し、豚が成長すると屠畜場に出し、友人ら200人も集め豚肉パーティを開いた、といういきさつを文芸春秋から出版した。
「世界屠畜畜旅行」のルポを、今度は実践したということなのか。
早速本を購入しようと思っている。

犬や猫たちが健康でなければ、ともに暮らす飼い主さんのパッピーライフは望むべくもない。
今、私はその健康食の試作に取り組んでいる。
しかし、その食材は馬肉以外では絶対に考えられない。
何故なら、何度も言い募ってきたことなのだが、厚生労働省が特定しているアレルギー食品は断じて犬や猫たちの食材に使用してはならないと考えるからに他ならない。
最小のリスクで最大の栄養効果を目差す「食」は間もなく完成する予定だ。
by threewedge | 2013-04-14 14:27