人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

正気にては大業ならず

先日、お客様のMさんから、グレゴリー・コルベールの写真集「ashes and snow―灰と雪」をお借りした。
この写真展は、残念なことに行く機会がなく見逃してしまっていたので、この写真集を手にすることが出来て有難かった。
今年の春には世田谷美術館で、エドワード・スタイケン写真展「モダン・エイジの光と影」が開かれ、これはじっくりと観ることができた。
いずれも、写真表現の持つ力の凄さに改めて瞠目する。

ここで写真論を展開するつもりはないのだが、このような作品を観ていると、つい撮影、あるいは製作現場の状況を思い浮かべてしまうことがある。
私のこれまでの体験から、映画でもスチールでも撮影現場に立ち会うことが好きで、スタッフの迷惑も顧みずよく現場に足を運び、その場に張り詰めた緊張感に快感すら覚えたものだった。

プロフェッショナル、またその集団の仕事の現場には、ジャンルこそ違っても、共通する昂揚した空気感が漂っている。
ある意味で狂気と言って良いのかも知れない。
人間業とは思えない技能やアートフルな作品は、まさに「葉隠」の教えにもある「正気にては大業ならず」という世界観からのみ生まれるに違いない。

私の場合、クリエーターではなく一介の小商人なのだから、このような話を力みかえって語る必要もなければ資格もない。
しかし、振り返ってみれば、この100CLUBの仕事も、まさしく正気の沙汰ではあり得ない仕事であると、自分ながら思い至るところがある。
その正気ではない部分が、実は100CLUBの商品価値なのだろうと、手前勝手にそう思っている。
正気にては大業ならず_d0290407_227135.jpg

by threewedge | 2013-06-25 17:28