人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

兎の故郷

私には、秋田に特別の想いがある。
昔、年4~5回は角館にあった美術館に仕事があって、当時は車で動いていたので、そのついでに興味をそそられた周辺の地域を走り回った。
30年も前の話で、そこには語り尽くせないほどの物語がぎっしり詰まっている。

ある時、そんな気まぐれな旅に興味を持った友人Oが一緒に行きたいということになった。その日は角館に向かう途中、鳴子温泉に一泊することになった。
深夜、私の隣の布団で寝ていたOが脳梗塞を発症した。救急車で古川市の病院に運んだが、翌日息を引き取ってしまった。
Oはすぐれた詩人であり大切な友だった。

秋田新幹線は盛岡を通過してから、以前の田沢湖線に重なるように秋田に向かうのだが、その途中、角館にも停車した。 
車窓から見える景色を一瞬たりとも見過ごすまいと目を凝らし続けていた。
雨のせいなのか、濁って水量の増した桧木内川を渡った。

このたび向かった三種町は、詩人、友川カズキの出身地である。
去年の12月30日に、このブログで友川カズキのことを書いた。その時は、まさか自分が三種町に出向くことになろうとは思いもよらなかった。
それが、この様な事に至った経緯、いきさつについては言えることもあり言えないこともあるのだが、短期間に激しく巻き起こった人間模様の中核には、友川カズキの存在が係わっているに違いないし、あえて言うならば、奇跡とも言って差し支えないこのたびの現象は、東北秋田の歴史、風土のもつ強力な磁場がもたらしたものだと考える。

7日の夜、宿泊したホテルに着くと、ロビーで友川カズキの作品「兎の故郷」が迎えてくれた。
兎の故郷_d0290407_1835665.jpg

by threewedge | 2013-07-12 17:28