イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

犬にも猫にも美味しい革命

今年に入って何故か不思議な出来事が次々と巻き起こる。
秋田産の馬肉にたどり着いたいきさつについては、このブログに書きとめておいたのだが、その続編ともいえる出来事が起きた。

カリフォルニアのバークリーにあるレストラン「シェ・パニース」については以前コラム「小さな巨人」に書いた事がある。
「シェ・パニース」に行った際、オーナーの「アリス・ウォータース」から私の名前を入れたサイン入りの本をプレゼントされた。
その本はコレクションの一冊だったのだが、私が持っているより秋田の「シェ・パニース」ともいうべきオーナーシェフに差し上げるべきだと思い、つい先日お贈りしたばかりだった。

そして昨日、朝日新聞の書評欄に「美味しい革命」(アリス・ウォータースとシェ・パニースの人びと)トーマス・マクナミー著、早川書房出版、の書評が載った。評者は隈研吾(建築家・東京大学教授)だ。
アリス・ウォータースはアメリカの食文化に革命を起こし、そして確信へと深化させた偉大なオーナーシェフだ。
ここまで書けば、この先ご興味のある方は検索でお調べ願いたい。
私はすぐに「美味しい革命」を注文した。
「シェ・パニース」のレシピが満載だそうで今からワクワクしているのだが、早速この書評をコピーして秋田へも送った。

犬、猫の食餌だけれど、100CLUBもアリスの爪の垢でも煎じて飲まねばならないとも思っている。
d0290407_2023241.jpg

by threewedge | 2013-08-28 17:49