イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

時代で変わるものと変わらないもの

時代の変遷を反映して、大衆音楽もあだ花のように咲いては散っていく。

昨夜まで、一週間も続けて藤圭子のCDを聞いている。
頭がおかしくなってしまったのではないかと家族も訝しく感じているのかもしれないが、何も言わないので調子に乗って繰り返し聞きまくっている。

ジャズとクラシックのCDで満杯のところに、何故、藤圭子のCDを持っているのか、自分でも不思議でならない。
そのCDを、ふた月ほど前、演歌好きの知り合いに貸したばかりだった。
今回の事件でお互いに顔を見合わせてしまった。

フランスのレジスタンスのシンボルだったジュリエット・グレコと日米安保条約反対運動の只中に、グレコを髣髴とさせる藤圭子の登場は、混沌とした時代の闇を一身に背負うかのごとき存在だった。
地獄の底から搾り出すかのような恨み節は、今の時代には似合わないだろう。
今どきは、ゆるきゃら全盛で、旬はきゃりーぱみゅぱみゅだろうけれど、世の中は一寸先は闇なのであって、いつ何時、藤圭子のような恨み節が流行ることになるか分かったものじゃない。

犬や猫たちの飼われ方も時代とともに大きく変化した。
それでも適正な食餌は変わりようがない。
by threewedge | 2013-08-31 17:29