人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

続・犬の糖尿病

一昨日、犬に糖尿病が蔓延しているという話を書いた。
そこで、とても重要なことを言い残していることに気がついたので、その続きの話しを書いておかねばならない。

犬の場合、糖尿病の発症には容易に気付かないケースがほとんどだということだ。それは人間の場合も同様で糖尿病でどうも身体がだるいとかで病院に行ってみると病状はかなり進行してインスリンを打つような事態になっていたりする。
そして、糖尿病が恐ろしいのはその合併症にある。
糖尿病が進行して起こる合併症には人間とあまり変わらず主に次のような疾病がある。
「糖尿病性腎症」「糖尿病性網膜症」「糖尿病性神経障害」これを糖尿病の3大合併症という。他に白内障、動脈硬化など様々な合併症がある。

合併症が出てからではもう遅いのであって、それより糖尿病にさせないことが最も重要な飼育の基本なのだ。
前にも言ったように糖尿病はそのほとんどが生活習慣病だということなのであり、毎日の給餌の誤りを早急に正すことによって糖尿病にさせないことが可能であると考える。

犬は人間のように「食」にわがままではない。
本来、犬は「食」に好き嫌いなどないのだ。
恥を承知で話すのだが、私自身、糖尿病性腎不全で一日おきに5時間の人工透析を受けている一級障害者の身である。大馬鹿者だと承知している。
人間にお説教がましいことを言ってみても仕方ないことだが、犬の食性をきちんと考えて犬を飼育するのでなければ、それは犬を愛しているなどとは言わないほうがいい。
うちの〇〇ちゃんにはこういうご飯をやってます、ああいうサプリメントをやってます、などと如何にも私は犬を愛して止まない飼い主だと言わんばかりの方もいらっしゃるが、そういう方々にもう一度考え直して欲しいと切に願っている。
犬たちは飼い主が与える食餌に疑いのかけらも持っていないのだから、飼い主が目を覚まさねば犬社会から病気は一掃出来ないと思う。
by threewedge | 2013-09-27 16:20