イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

犬の身になってみよう

「ヒトラーがドイツでやった全ての行為は法的だったことを決して忘れてはいけない」  
マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの言葉である。

犬や猫との生活は思うほどお気楽なものではなく、法的には様々な規制を受けている。
そして、その法律なり規律を守らなければ、とりわけ都会では犬や猫を飼うことは容易なことではない。
しかし、その法的規制が、果たして犬や猫にとって有難味のあるものなのかどうなのか、むしろそれらの規制が人間側の危険回避や利益のためにとられているものなのかよくよく考えてみなければならない。

先日、車で環状8号線を走っていて、東京都動物愛護センターの前を通った時、その掲示板のポスターに目が留まった。
そこでは「あなたのすぐそこに狂犬病が!」というキャッチフレーズで毎年一回の狂犬病の予防注射を呼び掛けていた。
いかにも狂犬病の犬が身の回りにうようよいるかのようなコピーだが、この歳まで狂犬病の犬を見たこともなければ聞いたこともない。
日本では50数年間も狂犬病の発生は認められていない狂犬病清浄国なのだが、それでも毎年狂犬病の予防接種が義務付けられている。
それをしなければ公園のドッグランにも入れない。

このような規制とか、まったく意味の分からない犬や猫の飼育に関する約束事というか常識と言われ、それを疑いもなく実行している飼い主の方々も、いわば無意識の被害者となっている可能性もあるのではないだろうか。
そして、いつ何時も犬や猫は人間様の言いなりで、愚痴のひとかけらも言うことができない。
狂犬病の予防接種で、年間100億円以上とも言われている集金額を、いっそのこと犬税として集めたほうが余程すっきりするし犬も助かるのではないだろうか。
by threewedge | 2013-09-29 18:58