イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

犬や猫たちと向き合うあるべき精神

本を読むことがかなりしんどくなってきて、最近では詩、そしてアフォリズムを集めたものなどを読んでいる。
今は、エリック・ホッファーの「魂の錬金術」を読み始めた。

その中の一つに
「生き物を礼讃できなくなるということは、精神の死の兆候である」
との一節が目に留った。
動物のみならず植物も含めたあらゆる生命に対する人間の態度は、その人間の精神価値を決めるものに違いない。

別に、ロバート・ハリスが編んだアフォリズム集がある。
そこには「犬蹴りの法則」という話が書いてあり
「猫をどう扱うかによって、その人間の価値が解る」
というのもある。

アフォリズムとしては当たり前のことを言っているようでもあるのだが、私は仕事柄、毎日のように犬や猫を飼養する方たちと接していて、そのたびに大きな感動を受けている。
犬や猫たちと暮らす方々は、人間以外の生命と濃密な絆で結ばれている。

したがって、先に示した二つのアフォリズムは、その方たちに示したのではない。
ペットを取り巻く行政や団体の悪弊、そして利権をむさぼる組織や企業、また自戒の念も含め、生命と向き合うことは人間としてのあるべき精神を問われることになるのだ、ということを肝に銘じなければならないと感じたからに他ならない。
by threewedge | 2013-10-01 21:59