イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

愛犬の出産

昨晩、もうショップを閉めようかと、スタッフに声を掛けた矢先にお客様がみえた。
ワイマラナーのオーナーのTさんだった。
以前から、もう一頭ワイマラナーを飼うのだというお話を聞いて、
「仔犬が来たら、是非連れてきてください」
とお願いしていた。
ところが、ひと月ほど前、私がショップを留守にしていた時にその子犬を連れて来られたそうで、残念なことにこの日は楽しみにしていた仔犬には会えなかった。

お茶を飲みながら、いつものように犬話に花が咲いた。
その話の中で、今度来た仔犬というのは、今までいた子の子供だということが初めて解った。ちょっとややこしい話になってしまったが、Tさんは3歳になるワイマラナーの牝犬を飼っていた。そうしている内にどうしてもその子供が欲しくなって良血を求めて交配をし無事4頭の仔犬が生まれた。その内の1頭を飼うことになったということだった。
Tさんを挟んで3人でこの話をしていたのだが、Tさんは当然のこと、3人ともがデレデレになって大盛り上がりした。

数日前、今度始めることになったフェイスブックに、スタッフ犬「珀」の出産直後の写真を掲載したばかりだったが、このたびTさんが体験された愛犬の出産は、Tさんにどれほどの喜びを与えたのか想像に難くない。
by threewedge | 2013-10-03 20:11