イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

ネット検索でいかれてしまった。

ショップに出てきて、さぁ仕事に取り掛かろうとする、その直前、気持ちを落ち着かせようと思い何気なくというか、ふと東北の伝統こけしが頭によぎってパソコンで検索を始めたところ、3時間もそのことから離れられなくなり頭がボーッとなってしまい目もかすんでしまった。

はるか昔の話になるが、一時、伝統こけし集めに夢中になっていたことがある。
今でもその際に集めたコレクションの一部が玄関の下駄箱の上棚に並んでいる。それが自分の癖なのかも知れないが、一つのことに夢中になるとちょっとやそっとではブレーキが利かなくなってしまう。
マニアというのは精神病のひとつなのだそうで、そういう意味からすると私は病気なのだろう。

今日3時間も調べまくっていたのは、数あるこけしの中でも私が最も好きな遠刈田系のこけしの工人、故佐藤丑蔵という人のこけしで、写真で見るだけでものどから手が出るほど欲しくなるようなものが数点あった。
今は昔と違い、ちゃんとブレーキが利くというか、そもそも突っ走れないのだからブレーキなど端から必要はない。

それにしてもインターネットという道具は、ひとつ使い方を間違うと頭がパーになってしまうものだと、ちょっと恐ろしい思いをした。
伝統こけしの情報が際限もなく飛び込んできて、そこには単に情報に過ぎず、疲れ果ててしまった後には何も残っていない。残っているのはあまり体験のなかった空虚な疲労感だけで、丑蔵のこけしの顔の残像すらなかった。

以前はこけしを集めるために、何回も東北を訪ねた。そこには語り尽くせないほどたくさんの思い出が詰まっている。
今日はたった3時間で、その時より多くのこけしを見ることはできたのだが、それがどうしたのだということになるとその答えは何もない。無機質で索漠とした思いのほか実感がない。

そんな気持ちを長引かせたくないので、いつもとは逆に私のほうから「雪之丞」を抱き寄せた。
いったい何があったのかと、怪訝な様子でこちらを直視してくれなかった。
d0290407_17394550.jpg

by threewedge | 2013-10-07 17:19