イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

犬や猫たちと暮らす意義

犬は群れの動物であるが人間のペットとなったことで、それぞれの家庭に縁付いて人と共に暮らすことになる。
犬から見れば群れの動物の習性から、人も犬の仲間として捉えているに違いない。
最初の段階では、人は犬をペットとして捉えている方が大半だと思うが、暮らし始めてみると、気付かない内にペットということでは収まりきれない、そうかといって人同士ではそうそう体験のない、ただならぬ深い絆を感じるようになってくるのではないだろうか。

それは、本質的には私たちとさほど変わらない哺乳動物が、同じ現代に生きていながら、私たち人間が抱え込んでいる苦悩やストレスなどまったく意に介さない素振りで、ひたすら私たちに甘え、一緒に遊びたがり、食べ物をねだりまくる。
人と人の関係ではありえない、そこには犬や猫という動物としてのあっけらかんとした天然の姿が存在する。
そこには、とうの昔に私たち人間が忘れてしまった、とても大事な要素だけで成り立っている同じ哺乳動物がいて、しかも生活を共にしているのだ。

現代社会は、そもそもお金は手段だったものが目的と化してしまい、拝金主義とか超金融資本主義、効率主義といわれる時代、人間として最も重要な価値を見失ってしまったのではないかと思える病理的社会が現出してしまった。
社会の病理は当然のことながら個人をも蝕むことになり、精神的な崩壊が起こることになる。個人の崩壊は個人に留まることのみならず、家庭の崩壊、学級崩壊、いじめ社会等々、日々メディアから流れるニュースを見聞きしていると、とても健全とは言い難い社会の様相が照らし出されている。

私たちは、そのような社会から個人として抜け出しようはないのだが、少なくとも人と違う動物である犬や猫たちと共に生活している人たちは、人として、そして動物としての普遍性を取り戻す機会と可能性を十分に秘めているような気がしてならない。
長年、100CLUBを続けてきて感じるのは、もしかすると、犬や猫たちの存在があってこそ現代社会の病理が改善されるのではないだろうかとすら思えてきた。
by threewedge | 2013-10-14 16:23