イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

犬や猫たちの精進料理

豪徳寺は曹洞宗だから禅宗の一つということになる。
その禅に「食は禅なり」という道元の言葉がある。禅宗の「食」は一汁一菜を旨としているいわば精進料理だ。
仏教では殺生を禁じているため、本格的な精進料理には魚肉類は無く、蛋白源は豆腐、豆類、そして油分とビタミン、ミネラル成分はゴマが用いられ、野菜は許されているので一汁一菜でも栄養バランスを欠くことはない。

「食は禅なり」という言葉の中には、食べる行為のみならず、調理すること、収穫することなど、「食」に関係するすべての行為が修行とされ、料理を行うものを典座といい「典座教訓」まで著している。
収穫、調理、食べ方。その全てに禅の心がこもっていなくてはならない、と諭しているのだ。
精進料理は何度かいただいたことある。食べる前にお坊さんが「五観の偈」という五つの心得を唱える。
そこのところだけ訳して書き抜いておくと

一つには、この食事ができるまでに携わった多くの方々の苦労や食材の尊さに感謝しよう。
二つには、自分がこの食事を食べるにふさわしい行いをしたかどうか、反省しよう。
三つには、むさぼり、いかり、ねたみの心を制し、正しい心と行いをもっていただこう。
四つには、単に空腹を満たすためではなく、心身を養う薬としていただこう。
五つには、仏の教えをなしとげるために、この食事をいただこう。

これだけではなく、「食」に関する禅の教えは膨大なものになる。
人間は健康のためにも精進料理が望ましいのかも知れないと思ったりもするのだが、
最近の高齢者の健康法は、とにかく肉を食わねばならないと推奨する声もある。

人間の健康志向も盛んなようだが、犬や猫たちの食餌はどうあるべきなのだろうかと改めて考えざるを得ないが、彼らに仏心を要求するわけにはいかないが、給餌する私たちは「食は禅なり」と心得、犬や猫たちの精進料理であろう生馬肉食を与えてあげようとすることが仏心の実践になるのではないかと思っている。
d0290407_1342855.jpg

by threewedge | 2013-10-20 13:00