イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

FOODではなくFEED

100CLUBを始める前、私は犬も猫も育て続けてきたが、その食餌を「ゴハン」とも「フード」とも言ったことがなかった。
「エサ」と言っていたのだ。
ヨーキーと暮らしていた友人に「エサ」なんて言い方はとんでもない。今時は「ゴハン」と言わなきゃだめだ、ときつくいましめられたことがある。

犬や猫たちは、同じ動物でありながらペットとして、なお家族の一員として人間社会に組み込まれた存在になった。
そこのところに非を唱えるつもりは毛頭ない。
そうであるならば、その肉食動物としての食性に注目すべきではないか、ということが言いたいのだ。

昨日も書いた通り「ペット・フード」とは、どんなに可愛かろうと、家族であろうと、絶対に肉はあげないぞ。その代わりに、おれたち人間の残飯を利用して、お前たちに必要な栄養は確保してあげるよ。ということで米国農務省傘下の米国科学アカデミーが「犬の栄養要求量」という研究に血道をあげたのだ。
肉は人間が食べるものだという絶対的権利を守ろうとしたこと、そして人間の出す食品廃棄物の処分コストを減らさねばならない、という大命題のもとになされた研究でありその成果なのだ。

その成果にもとずき、それをもっとコストカットしなければならないと、新たな基準を定めたのがいわゆる業界で、「AAFCO」という大甘な新基準を設けてしまった。
その新基準を金科玉条のごとくに扱い、かくして「ペット・フード」はマーケティングの一大成功例として世界を制覇することになった

それならそれで、「PET・FOOD」という欺瞞に満ちた言い方は止めて、正しくは「PET・FEED」と言い換えるべきではないだろうか。
FOODは食品でFEEDなら飼料なのだからそれなら納得する。
「PET・FOOD」というネーミングで市販されている、実は「PET・FEED」は、言わせてもらうならばペット版サブプライム・ローンと言っても過言ではない。
リーマンショックと同じように「ペット・フード」ショックが起こるかもしれない。
いや、それはすでに起こっているのではないだろうか。
by threewedge | 2013-10-29 16:44