イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

溺愛しなきゃ意味がない

誰しもが、自分の育てている犬や猫たちが世の中で一番可愛くてかけ替えのない存在だと思っているに違いない。

純血種では、それぞれの犬種、猫種でスタンダードを競って順位を争うことに血道をあげている人たちがいる。
純血種の場合、そのスタンダードの客観的な評価基準を一定に保つことなしには純血種の存在の意味がなくなってしまうのだから、このようなコンクールの意味合いは理解できる。
また、フリスビーやアジリティ、ルアー・コーシングなど、さまざまスポーツをやることで、それぞれの犬の能力を競いそれを楽しむことも盛んに行われている。
しかし、そのようなことには一切関わらず、ペットとしパートナーとして犬や猫たちと暮らしておられる方が圧倒的多数を占めるのではないかと思う。

犬たちを飼うことで、その意味合いが人それぞれで、そこに何の問題もないと思うのだが、どのケースにおいても犬が健康であることが大前提となる。

以前のスタッフ犬、シェパードの「レイ」は、当時日本のシェパード界では名血の仔として、しかも同胎から1~2の仔が選ばれ私がその一頭をいただいた。
そして、「馬肉」、「カルシウム」、「ヴェジタブルズ」だけを与え、また訓練など一切なしで育て上げた。
ショーに出る資格も何もないので客観的な評価はゼロなのだが、私の目から見れば、これほど立派なシェパードは何処にもいないし日本一だと自画自賛している。

犬でも猫でも、また純血種であろうとMIXであろうと、自分の育てている子が自分にとって何にも勝って最高だ。と、そう思うのが当然であり、人間の子育てでは溺愛は厳禁かも知れないが、犬や猫たちはいくら溺愛しても足りるということはないだろう。
d0290407_11235728.jpg

by threewedge | 2013-11-10 11:24