イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

ポール・ヴァレリーと犬の話

フランスを代表する知性とまでいわれる詩人、ポール・ヴァレリーの全集が本をまとめておいた段ボールの一つからようやく見つかった。
ジブリ映画の「風立ちぬ」のベースは堀辰雄の小説「風立ちぬ」と言われているが、ヴァレリーの詩「海辺の墓地」を翻訳したのが堀辰雄で、その「海辺の墓地」に「風立ちぬ いざ生きめやも」という一節がある。

何でこんなことを言っているのかというと、ロジェ・グルニエが書いた「ユリシーズの涙」という、私にとっての座右の書の一冊があり、その一章に、ヴァレリーと愛犬との興味深いエピソードが出てくるからである。

亡くなったヴァレリーのお墓は、セットという港町にあって、それこそ「海辺の墓地」なのだが、そこには墓参に訪れる人が絶えることがない。
ある観光客が墓苑の警備員に「ヴァレリーの墓はどこか?」と尋ねると、突然、「ヴァレリー!」と叫んだという。すると、かつてヴァレリーの愛犬だった犬が出てきてヴァレリーの墓まで案内してくれるのだそうだ。
生前のヴァレリーと愛犬との生前の生活がしのばれる心温まるエピソードだ。

また、ヴァレリーの名言の一つとされるものに
「狼は草に依存する子羊に依存している。草は狼によって守られている。肉食動物は草木を保護するが、草木は間接的に肉食動物を養っている」
この言葉はまさしく、100CLUBの食餌のコンセプトと寸分変わらない
d0290407_19332748.jpg

by threewedge | 2013-11-13 12:44