人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

歴史の中の犬めぐり旅を始める

ひとつのエピソードを引用する。

ドイツで、ユダヤ人戦争捕虜となって森林作業班に入れられたエマニュエル・レヴィナス(哲学者)は、そのあまりの過酷な環境の渦中、「看守はおろか、通りすがりの人々にとっても、自分はもはや人間に属していないのだ」と悟った。
ところが一匹の迷い犬がやってきて仲間に加わったという。
疑いの余地なく「この犬にとって、われわれは人間であった」のだった。

この話のように、犬は人間をひたすら信頼し親しみを寄せる、おそらく唯一の動物である。
一頭でも、また二頭であっても、その犬たちほど、私を信用している私以外の人間も動物もいない。言い方を変えれば、あなたの飼い犬ほどあなたに対し無垢な信頼を寄せている人間も動物もいないということになるのだが、つまり犬という動物は人間にとって疑いもなく己を信用してくれる唯一の存在なのである。

人と犬との付き合いの始まりは、およそ3万年前くらいと言われている。
そして、人と犬との物語が言葉で表された最初が、先日このブログに書いたホメーロスの「オデュッセイア(ユリシーズ)」で、紀元前8世紀なのだから、それ以来現代にいたるまで3000年近くも、人間と犬との物語は様々な人たちによって連綿と紡がれ続けてきた。
それは言葉だけでなく、絵画や宗教の成立要素としての役割まで担ってきた。

私自身、もの心がついて以来、犬のいなかった生活の体験はないのだが、何でそれほど犬に魅かれるのか、その理由について深く考えたことはなかった。
犬の飼育に熱中してきた体験上、どうすれば犬を健康に育てられるのか、ということだけは誰にも負けない自負を持っている。しかし、犬と自分との関わりの根本的理由について考えることは自己を分析することと同じことになるのだろうから、むしろ目を背けていたいところでもある。

このところ、そのようなことで悶々としていたところ、いっそのこと数多な先人の犬との物語を読み漁り、ここに披瀝し雑感なりを書き綴っていくことで、どうして人間は犬を飼うのだろうか、という答えがおのずと導き出されるのではないかという思いに至った。
by threewedge | 2013-12-02 19:09