イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

別れが残してくれるもの

一昨日、「…100の子たち」の「アッシュ」ちゃんが旅立ったことを、ショップにみえたオーナーのHさんから告げられた。
12月6日のことだと話された。17歳だった。
Hさんご家族の、犬たちとの暮らしぶりを知るものとして、お悔やみを述べるにとどまらず、このたび、人と犬たちが共に暮らすことの重大な意味を感じた。

そして、昨晩、Hさんからメールが届いた。
ご了解いただいたうえで、Hさんのメールをそのままご紹介させていただく。

・・・・・・・・
お花を手向け、今日はいつもよりも大きめの音量でマーラーの5番をかけてやりました。
思い出話をするにはまだ日が浅く、過去形で話すことの違和感が、自然と無口になってしまうようです。
しかしこの世は変化を楽しむところであると言い聞かせ、必要以上に嘆き悲しむことは自分に禁じています。

馬肉に出会えたおかげで命の全てを生ききったのだ。
全生をまっとうしたのだ。
そして魂は不滅であるからして、元気が戻って、すでに部屋中を歩き回っている姿が見えるようです。

下の犬が、ぐっと大人っぽくなりました。
やはり、いつまでたっても犬には教えられてばかりです。
・・・・・・・・

「アッシュ」ちゃんは、格別な良き飼い主さんに恵まれて、その恩返しに、たとえようもない大切な贈り物を残したのではないかと思うし、私たちに対しても大きな感動と教訓を与えてくれたと感じている。
by threewedge | 2013-12-28 17:33