イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

犬(猫)がいるから生きられる

過ぎてしまったこと、終わってしまったことについては、それを振り返らない性格なので、昨年、一年間書き続けたこのブログも、およそ200日分くらいあるのだと思うのだが読み返したりはしない。
そんなことをすれば、恥じ入る余り今年は続けられなくなってしまうに違いない。
したがって、一度話したことをまた書いてしまうようなことがあるかも知れないが、そこのところは最初から謝っておかねばならない。

正月の新聞をパラパラ読んでいると、東日本大震災で息子さんと夫を亡くした79歳の女性が、今、14歳になった犬と暮らしていて、生きた証しとして短歌を詠んでおられるという記事に出会った。
心の支えとなった愛犬に関わる短歌2首をご紹介したい。

「愛犬に 亡き子夫を話す時 尾ふりすりよる話わかりて」
「仏前の 朝のおつとめする時は 愛犬の無事も切にお願いす」

犬たちと暮らしている方々には、この短歌に描かれた光景は目に浮かぶであろうし、歌詠みの気持ちにも納得されると思う。

アルベルト・シュバイツァーの言葉がある。

「人生の苦悩からの逃げ道は二つある。音楽と猫だ」

シュバイツァーは相当な猫好きだと言われているが、それは犬と置き換えても同じことで、そのどちらも今や人間にとってますます欠かせない存在になっているのではないだろうか。
私たちは、それだけ悩ましい時代に生きていることになるのだろうが、犬なり猫なりと話をしていれば何とか生き抜けるものだと、自分はそのように思っている。
また、人生の苦悩などというものは、シュバイツァーの時代も今の時代も、もっと言えば有史以前から人間という動物の基本概念なのだから、そこから逃げ出すには人間をやめるより手がないことになる。
手がないことを考えることに意味はない。
最近、それほど人間やっているのも捨てたもんじゃないと思うようになってきた。
音楽があって、犬や猫たちがいるのだから。
by threewedge | 2014-01-02 21:13