人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

人は犬より鈍いかも知れない

青森県北里大学の獣医学部の学生さんが中心となって、犬や猫たちの里親探しの活動を描いたTVのドキュメンタリーをみた。「北里しっぽの会」という。
このような活動は全国で展開されていて、100CLUBのお客様にも保護犬を飼育している方が多くいらっしゃる。
このTVでは、精神的ストレスで人に対して異常に恐怖心をもち、散歩すらままならない柴犬を、学生さんが一時自宅に引き取り、根気強く正常な状態に立ち直らせ、里親さんに引き渡せるまでの努力が描かれていた。

100CLUBにみえるTさんが保護されたKAI君も大変なビビリ犬で、Tさんも大分手を焼いていたご様子だったが、Tさんの努力の甲斐あって少しずつ人馴れしてきた。今では2頭目の保護犬TAKU君と毎日散歩三昧で順調そのものだ。

犬も人と同様で、その性格は様々だと思うが、平均的にいえば人より余程鋭敏なところがある。
ある動物学者に話を聞いたのだが、人の場合、特に都会で生活していると、その人口密度の高さに驚くばかりなのだが、動物だとこのような密度にはとても耐えられないという。したがって自然界での哺乳動物は、おのずと密度を調整しているのだ。
とてつもない嗅覚をもつ犬などは、毎日の通勤ラッシュと同じ環境におけば発狂してしまうかも知れない。
そのような都会で人と暮らす犬たちは、そもそも環境が劣悪なのだから、そこのところを承知してケアしてあげることが大切なのだと思う。

余談なのだが、麻布にお住いのAさんが飼育しているドーベルマンのアリスは、花火の音にビビッてしまうため、その晩は100CLUBのショップに避難してくるほどなのだ。ある時、例によって花火を避難してショップにみえたら、ドーン、ドーンという音が響いてきて、アリスがビビリまくってしまった。驚いたAさんは、この音は何ですか?というので、今日は多摩川の花火大会ですよと伝えると、いやぁ~こまったなぁ~、何処へ行ったらいいだろうと、頭を抱え込んでしまったことがある。

犬の気持ちになる、あるいは分かるということは、人間よりはるかに鋭敏な神経をもっている相手だということを忘れてはならない。
もし犬より勝っているところがあるとすれば、狡賢いことばかりを企む脳を持っているところくらいじゃないだろうか。
犬に学んだ方が少しはましな人間になるのかも知れない。
by threewedge | 2014-01-08 19:36