イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

ディンゴを山に放ってみよう

一人の人間が、知っていることと知らないことを比べてみれば、知らないことの方が何万倍も多いのだろうと思っている。
だから、ものが分かっているような、いわゆる知ったかぶりを言わないように気を付けているつもりなのだが、一言も二言も口数が多いのが悪い癖で、ついつい余計なことを言いがちなところを改めていきたい。

今日、朝早く、といっても午前二時頃、オーストラリアのディンゴを取り上げたBBCドキュメントをみて驚いてしまった。
オーストラリアでは、放牧している牛や羊を、野犬のディンゴから守るため、ディンゴフェンスなるものを5000キロ以上もの距離に敷設しているというのだ。
日本列島がおよそ3300キロなのだから、それを往復するようなフェンスが張り巡らされている。現代の万里の長城といっていいのかどうか分からないが、日本の小ささを思い知った感があった。

ディンゴフェンスの内と外、つまり牧畜側とディンゴ側とでは、動物の生態系がまるで変ってしまう。生態系の頂点に位置するディンゴが住む側では、あらゆる動物の自然の生態系が健全に保たれているのだが、牧畜側では外来動物の兎や在来種のカンガルーなど、草食動物が増え過ぎ人間が駆除しなければ砂漠化が進んでしまうことになり牧畜の餌も脅かされることになってしまう。その被害は甚大なもののようだ。

ただし、ディンゴフェンスのあるすべての地域がこのような理想的な環境にあるということでもなく、ディンゴが増えすぎた場合などは毒物や銃器による駆除も行われているようだ。
また、マレンマーノ・シープドッグという真っ白な大型犬で、狼からでも羊を護るという能力を持った犬を導入することで、ディンゴから羊や牛を護っている姿も紹介された。

それにしてもディンゴは魅力的な犬で、飼えるものなら飼ってみたいと思ったが、それよりも、今、日本の野山には鹿と猪をはじめ草食動物が爆発的に増えてしまい、その被害がとんでもないことになっている。
そこで提案なのだが、オーストラリアからディンゴを輸入して日本の野山に放してみたらどうなのだろうか。山には獲物で溢れているのだから、間違っても人間を襲うことなどないだろう。山神様の復活で、日本の自然が再生するのではないだろうか。

オーストラリア・ディンゴを日本の山に放つ運動を真面目に考えてみる方おりませんか。
by threewedge | 2014-01-10 16:22