人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

ドキュメント「Born FREE」

映画「野生のエルザ」は、アカデミー音楽賞にもなったその主題曲も素晴らしいもので、数ある動物を扱った映画の中でも傑出した名画として鮮明に記憶に残っている。
昨夜、BBC制作、デイビット・アッテンボローによるドキュメントをみた。事実は小説より奇なりというが、事実を映画化したものであっても、そこに表わされたものはどうしても美化されたものにならざるを得ない。

このドキュメンタリーは、原作「野生のエルザ」(原題Born Free)を書いたジョイ・アダムソン亡き後、夫のジョージ・アダムソンの追憶をテーマとした作品である。
ケニアでライオンと共生する実話「Born Free」が映画化され時の人となったジョイは、そのライオンに噛み殺されたかのような偽装工作をされ、解雇した雇用人に殺害される。そしてジョージもまた、ライオンと共生することを危険視する住民とのトラブルがもとで殺害されてしまう。

ナチュラリストとして、ライオンをはじめとする肉食動物の保護を目的として、家族同様に飼育を実践し、今度はそれを野生に戻すというはなはだ困難な課題に命懸けで挑戦する姿は、奇跡のような愛情に満ちた行為であり、同時にその愛に呼応し、まるでペットの犬や猫のような態度で、ジョイやジョージに甘えるライオンの数々のシーンには目を見張るものがある。

それでも人口爆発によって、ライオンが自由に暮らせる生息範囲が急速に狭められ、人間とのトラブルが激増するようになる。
ロシアのアムールトラや、オオカミなどと同様に、今やほとんどの世界で肉食動物は絶滅の危機に瀕しているのが実情なのだ。

アダムソン夫妻は、肉食動物を危険視する人間と、肉食動物とも共生できることを証明し保護しなければならないという立場で闘った。そして獰猛と思われているライオンによって命を落としたのではなく、人間によって夫妻とも殺害されてしまったのだ。
映画「野生のエルザ」その後の物語は、かくのごとく壮絶な悲劇で幕を閉じることになったのである。
否応なく、様々な思いを想起させる示唆に満ちたドキュメンタリー作品であった。
by threewedge | 2014-01-22 17:34