イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

道楽仕事

犬は好きでも猫は嫌い、という人もいればその逆もあり、両方とも好きな人がいれば、両方とも嫌いという人もいる。
血統書が付いてなければショードッグでは通用しないが、そのことを嫌い、ミックスとか保護犬、猫こそが愛すべき対象であると思っている人もいる。
人は様々なのだが、私の場合、それが犬であろうと猫であろうと小鳥であろうと観賞魚であろうと、花や樹も含め、およそ生命すべてに対する興味が尽きない。

したがって、まるで節操もなく、犬や猫にとどまらず、小鳥に熱帯魚、金魚、盆栽、亀に至るまで、傍から見ればキ印としか思えないだろう道楽に熱中した過去がある。
いや、今でもやってみたいことがあるのだが、残念ながら、最早それを許してもらえる環境にない。

そこで今の楽しみは、毎日のようにショップにみえる多種多様な犬や猫たちに触れることが慰みになっている。
だから、その子たちのことが他人事でないし、その飼い主さんのことまでおせっかいを焼くことになるわけだ。
そのことが、商売にとって良いことなのかどうなのか、自分では分からない。
嫌だと思う人は来ないのだから、そのことには気を使わないようにしている。
by threewedge | 2014-04-07 18:39