人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

遊びをせんとや生まれけむ

この一か月くらい、小鳥と金魚が欲しくてたまらない。
漱石の「文鳥」や内田百閒の「阿呆の鳥飼」を読んでみて、もはや病膏肓に入ってしまった有様だ。

そんな事ならすぐにでも始めたらいいじゃないかと、そういう人もいるのだが、私の過去の体験からすると、それほど簡単に始められるものではないことを身に染みて知っているため、未だ悶々として、のた打ち回るほど苦しんでいる状態なのだ。

そんな大げさなこと、と言われるかも知れないのだが、金魚にしても小鳥にしても、宝石のように美しい生命に惹かれて止まないのだが、余りにも幼気で、細心の世話をし続けなければむざむざ殺してしまうことになりかねないのだから、迂闊に手を出せないのだ。

どうしてこれほどまでに、とりわけ生き物に夢中になってしまうのか、自分でもよく分からない。
小鳥と金魚だけではない、むろん今でも犬、猫が欲しくてたまらないのだが、最早、自分自身が犬、猫のように面倒をみてもらわねばならないような始末である以上、それは無理というものなのだが、せめて小鳥か金魚ならば何とか自分で世話ができるのではないかと考えているのだ。

中世、後白河法皇が狂って(熱中して)「梁塵秘抄」を編んだ。今でいえば流行歌ということになるのだろうか。
その中によく知られた唄がある。

「遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ
遊ぶ子供の声聞けば 我が身さへこそ揺るがるれ」

NHKの大河ドラマ平清盛のテーマであったというこの唄は、とても意味深いものがあって、常々私の愛唱歌でもあるのだが、さすがに節はつけない。
しかしこの唄の意味は、平清盛ほどの修羅場を生きた人間にしか分からない心境なのではないかとも思うところがある。

この前のブログにも道楽のことを書いたが、道楽、遊び心、喜びとか、そういう心境に到達することこそが、人の生きている意味、目的なんじゃないか。そう思う。
だから小鳥か金魚を何としても飼って、飼い果せてみようと、今日決断した。
by threewedge | 2014-06-20 14:11