人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

またまた出ましたペットフードの食害

アメリカのFDA(食品医薬品局)が議会の公聴会で、ジャーキーによる犬の健康被害は、2007年から出始め、今年5月までに4800件の届け出があった。犬5600頭以上が食後に吐いたり、下痢をしたりして1000頭以上が死んだ。6割は胃腸の疾患、3割は腎臓や膀胱に異常があった。

製品に含まれる中国産の原料が関係しているとみられるが、複数のメーカー製で被害が出ており、症状にもばらつきが多く、謎が多い。FDAは、原因解明を急ぐとともに、むやみにジャーキーを与えないよう飼い主に注意を呼び掛けている。

以上のような報道が新聞およびネットになされた。

このような報道は毎年のように繰り返され、今回はジャーキーだが去年はドッグフード、キャットフードで、共通しているのは、いずれも中国産の原料が使用されている点であり、同時に多数のメーカー品が問題に該当することで大量にリコールされている。

この報道をそのまま受け入れるならば、日本で販売されているペットフードやジャーキーの安全性は確保されているのだろうか、ということが心配になってくる。
ペット業界の冊子によれば、いまやペット用品やフード、ジャーキーなどの製品は9割以上は中国産、あるいは中国製であると伝えていて、中国で開かれるペットフェアへの参加を勧誘している。

中国製だろうが何だろうが、安全性がチェックされていれば問題ないのだが、アメリカはまだしも、日本にはFDAに当たるものが存在しないし、そもそもペットフードがリコールされたというような話もほとんど聞いたことはない。

そもそもこのようなペットフードの危険性に警鐘を鳴らし、100CLUBを立ち上げたのは16年前のことで、当時はほぼキチガイ扱いされたもので、誹謗中傷の嵐にさらされた。今でもブログや何かでの発言によっては、その対象にされることは時たまあるのだが、当時はそんなものではなく徹底的にやられまくった。

最も今では馬肉屋さんが大流行で、私一人ではなくなった分風当りが弱くなったのかも知れないが、今度は同業者で足の引っ張り合いになる始末で、何とも落ちく暇もない有様だ。
ペットフードやジャーキーがいかに危険な食餌であるのか、私ごときが16年間骨身を削る思いで警鐘を鳴らし続けてきたのだが、そんなものでは相変わらずの犬や猫の被害状況は変わらない。
買う人が悪いのか売る人が悪いのか、どっちだか分からないが、犬や猫からすればとんでもない迷惑に違いない。
by threewedge | 2014-06-30 16:05