イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

商品を再考する

牛肉でも豚肉でも、その品質にはピンからキリがあるように、馬肉においてもピンからキリがある。

100CLUBでは、3つのルートからの仕入れを行い商品の提供を行っているが、最近、お客様からの多くの批判の声を頂いたことで、この場できちんとご説明をさせていただくことにした。


3つのルートの内の1つは秋田産の馬肉である。

この商品は秋田の桜田牧場のもので、馬の養育から製品の加工まで一貫して行っていて、いわば純粋の国産馬肉と言える商品だ。

この商品は極めて良質なのだが、唯一の欠点は生産量が少ないため、100%お客さんのご要望にお応えできないことがある。


2つ目のルートは、前回のブログでお話ししたように、100CLUBの原点ともいえるメキシコ産の馬肉だ。

100CLUBではこの原料を使い、様々なアイテムを作り出した。現在同業他社のアイテムの原型はこの時にすべて考えられたものなのである。

このメキシコ産のアイテムは、現在「カスタム・フード」(ダイスカット)のみを販売させていただいている。このアイテムの良い点は、赤身・内臓各種の原料をそのままカットしただけで、一切の加工、形成という手を加えていないことである。

この点を高く評価されるお客様は、100CLUBの創成期から「カスタム・フード」一本で、100CLUBの定番商品といって良い。


3つ目のルートは福島会津産の馬肉で、秋田産を扱う以前は国産馬肉だからと考えて、各アイテムにドメスティック
(DOMESTIC)の「DOM」何々とネーミングした。

ところが、何故か「国産+アルゼンチン」となってしまったので、近くネーミングを変更せねばならないし、先日は、その割合はどうなっているのかとの問い合わせがあり困惑している。


今後早急に、お客様にご安心頂ける商品構成にしていかねばならないことは当然のことで、人の食品も偽装だらけなのだから、犬や猫たちの食も推して知るべしだ、などと思われるとしたら、ここまで食品並みの品質や表示に自ら規制をかけてやってきた苦悩は水泡に帰すことになってしまう。


by threewedge | 2014-08-20 17:03