人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

「砧」の意味が今頃分かった

しばらくブログを書かないでいるうちに、9月に入ってしまい、急に気温が下がって風邪までひいてしまう始末で情けない思いをしている。


最近は、毎日砧公園が通勤道になっているのだが、その「砧」という言葉の意味が気になっていた。

2~3日前のこと、「蕪村春秋」という本を読んでいたら、そこに気になっていた「砧」の答えが出てきたので、思わず、おぅっと叫んでしまった。同時に知らないことが際限もなく多いものだということを思い知らされることにもなった。


これから話すことは知りえたばかりのことを受け売りするに過ぎないことをお断りしておかねばならない。

昔、木綿の布が出回る以前、庶民の衣服の布は葛や麻で、その固い繊維を柔らかくし光沢を出すため布を木槌でたたく、その台のことを「きぬた」と言ったのだという。

その仕事は女性の夜なべ仕事であって、その音のもの悲しさが秋を象徴していると考えられ、俳句の秋の季語とされた。

当然、蕪村にも「砧」をよんだ句があるので一部ご紹介する。


「露深き 広野に千々の砧かな」

小路行ば ちかく聞ゆる砧かな」


蕪村以外の俳人の句も書き留めておく。

「声澄みて 北斗にひびく砧かな」   (芭蕉)

「更しなの 蕎麦の主や小夜砧」    (一茶)

「聞かばやと 思う砧を打ち出しぬ」  (漱石)


だいぶ涼しくなったことで、砧公園にも犬たちの遊ぶ姿が増えてきた。

砧公園には「デング熱」を媒介する蚊が発生しないことを祈っている。


by threewedge | 2014-09-01 12:11