イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

現代版「生類憐みの令」

元禄5年。徳川綱吉の代、「生類憐みの令」が発布された。

その犬を収容所の第一号は世田谷区の喜多見であったが、喜多見には収容しれきれず、中野、新宿の大久保と増設されることになった。それでも満杯になり多摩村に大きな施設が移され10万頭とも言われる犬たちが餌を与えられ飼われていた。


この「生類憐みの令」は村民から餌代を徴収したりしたものだから、今でもこのことに対する評価は天下の悪法と評されている。

綱吉はこの点以外においては名君であったとの評価もある。


昨今、全国的に犬、猫の殺処分ゼロ運動が盛んになり、里親、保護犬といった、飼い主を何とか探して、犬や猫たちの一生を全うさせようという流れが主流になってきている。


時代というのは変わるもので、元禄時代では天下の悪法とされたものが、現代では

動物愛護精神が国を挙げて広められる時代になった。


この現象について、自分としての評価は複雑で、善行には違いないが、そのことで人間が不幸にならないことだけは願って止まない。


犬や猫たちと暮らすことは何にも代えがたい至福であると思うのだが、一歩トラブルに見舞われると人間の生活が滅茶苦茶になってしまうこともある。

十分余裕をもって、なお生き物であることを念頭に置いて、賢い選択をしなければならないと思っている。


by threewedge | 2014-09-03 11:27