イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

狂犬病ワクチンの強制が少し弱まるかも知れない

総務省が厚労省に対し、犬の狂犬病ワクチンを毎年4~6月に実施している件に対し、その時期に犬の体調が悪かったりする場合もあるだろうから、実施時期をもっとフレックスにした方がいいのではないかと具申した。

今朝の新聞のニュースである。


それに対し厚労省は、フレックスにすると狂犬病のワクチンの接種率がダウンするだろうからこれまで通り4~6月に実施すべきだと言っている。

4~6月に集金されるであろう莫大な資金が、後ろに伸びて、なお集金額が減ってしまっては大変だという厚労省の考えなのだろう。

ここに関して、犬の健康のことなどさらさら考慮されてはいない。


そもそも、私は狂犬病ワクチンの接種には反対派であるが、このことを言うと賛成派の方から猛反撃を喰らうことは承知の上なのだが、総務省の考えの中には、もう狂犬病のワクチンのことで目くじらを立てなくてもいいのではないかというような考えも入っているのではないかと推察する。


そもそも、狂犬病のワクチンは犬のために実施されているのではなく、人間が狂犬病を恐れているからなのだ。それだから管轄が厚労省になっているのである。

犬のためを思えば、それほど恐れる狂犬病のワクチンは人間が打てばいいのだ。

それに何回も言うように、猫や野生動物など、狂犬病はあらゆる哺乳動物に発症するのだから、犬ばかりを目の敵にすること自体ナンセンスの極みなのである。


多くの愛犬家がこのことを知らず、また知ってはいてもお上が強制することには逆らえないという、長いものには巻かれろ的な日本人らしい感覚なのであろう。

ぜひこの総務省の勧告をきっかけに、狂犬病ワクチンが禁止になれば、どれほど犬たちが救われることになるだろうか。

それこそ、私の夢が実現することになる。


by threewedge | 2014-10-15 11:17