人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

犬食の3種の神器

昔の、犬育てで食餌の三つの定番は、鶏の頭、豆腐のおから、そして魚の粗だった。

この三つに共通しているのは、いずれも金を払うことなく容易に入手出来たことである。


これらを残飯に加えたり、ドッグフードなるものが出回り始め、それが総合栄養食であると謳われようと、プロとかプロ的な犬飼の食餌に、この定番は欠かさず加えられていた。


自分もその体験をした者として、そのような定番食の栄養バランスが完全なのかどうかといえば、むしろはなはだしくバランスを欠くものである事は一例を挙げれば明らかだと思う。


鶏頭を鶏の屠場から大量にもらってきて、寸胴鍋で数時間煮込む。

この間、ものすごい臭いで、とても都会の台所などでは耐えられないような気がする。

その後、くちばしを取り分けて犬の食餌に加えるのだが、ちょっとでも与え過ぎると、もれなく犬や猫たちが大量の目ヤニを出すようになる。


どの位の量が適量なのかということになると、所詮、鶏という一生命体の頭部分が、どのような栄養価を持っているのか、よほど厳密に調べるほか知るすべもない。

魚の粗にしてもそうで、たんぱく質が抜け落ちている部位としか思えないし、いずれにしても偏った栄養価をもった代物であろうとの推測は付く。


犬食の3種の神器_d0290407_11553587.jpg


このような偏った原料でバランスの取れた食餌を構成しなければならない方法はとても難しい話であることは当然で、そこには明確な、科学的な根拠がある話とは到底思えない。

そういう理屈では分からないところを、犬を観て見分けるところが犬飼いのプロなのだと、そういう言い方をしていた旧い時代の人は大勢いた。


今でもそういう人がいないわけではないのだが、ここまで科学が進歩した時代にあっては、そのようなことでは余り説得力を持たなくなってきたのではないかと思える。


by threewedge | 2015-05-18 11:51