イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

魚のフードはイギリスから始まった

1986年、イギリスで発生した狂牛病は、間もなく世界中に拡大した。

ペットフードは、それぞれの国の食文化が反映する傾向があって、イギリスでも牛の食品残渣物である肉骨粉がペットフードに使われていたのだが、このBSE問題以降、肉骨粉は一切使用しないことになり、主に魚が原料になった。


それと同時に、イギリスではアメリカのNRCAAFCOとは一線を画しているようで、グレインフリー(炭水化物等穀物)とかいって、100CLUBフードに近い考え方をしている。

ただし、カリカリフードであることに変わりはないので、お題目のようにグレインフリーといってみたところで中途半端であることに変わりない。


今度、魚シリーズの開発を進めてみて分かったことがある。

例えば、マグロの水揚げ日本一とか、そういうことを競っている水産加工団地のようなところでは、マグロの頭や骨、はらわた等の残渣物は、それを集めている飼料会社が自動的に引き取るシステムが出来上がっている。

その飼料会社は、マグロ(マグロだけではない)の残渣物から魚粉、魚油などを製造し、主に肥料、飼料、そしてペットフードのメーカー等に販売している。


要するに、一部のペットフードの中身には魚粉も使われている。

これはイギリスのフードも同じ様なもので、その他の成分はそれぞれのメーカーによって違うかも知れない。

しかし、魚の粗から作った魚粉では、たんぱく質が明らかに足りないのだから、その足りないものは何の原料が使われているのか、それぞれのメーカーによって異なる。

d0290407_16532420.jpg

いずれにしても、丸ごと主義ではない以上、足りない栄養価をどうするのか。
特に良質なたんぱく質は人間の食になるのだから、残渣物からだけではどうにもならない。

その足らざるところをどのような原料で補うのか。本当に補えているのだろうか。

ここのところが、実は市販されている一般のペットフードの大きな弱点だと思う。


魚シリーズは、今のところWEB上では購入できないが、お電話やショップに来られてお買い上げいただいている。

そして、給餌した結果のご報告が寄せられているが、とにかく犬や猫たちの食い付きの良さに驚いておられる。

その姿を見ていると、このフードを与えていることに幸せを感じるというご意見があった。

そのお話を伺って、私もようやくホッとした気分になった。


by threewedge | 2015-06-24 16:42