人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 01月 06日 ( 1 )

寒さで思い出したこと

今年の冬は寒さがきつい。
夜、8時までショップにいて、それから家に帰るまで10分強、自転車に乗って帰るのだが、相当に勇気を持って飛び出さないと一気に帰り着くことが叶わない。
去年の12月の気象データによっても例年より1・5℃前後低温だったということだし、雪国の積雪量もいつもの何倍も大量の降雪に見舞われているらしい。

雪といえば、昔、絵の仕事をやっていたとき、長野県北安曇郡美麻村高地という廃村に住んでいた「若栗玄」という画家と交友があった。
ある年のひどく雪深い日、若栗宅に幾日か泊めてもらったことがある。

若栗宅の家の縁側から見る、深い谷をはさんだ向かいの急斜面は真っ白な屏風絵のような景色だった。
若栗さんの奥様が、「毎年雪が降ると、人間はきれいに洗い流されるのですよ」と言った。
若栗さんは「この時期になると兎をねらって鉄砲撃ちが来る。撃たれた兎があの斜面を転がり落ちるのだが、その獲物を放置したまま帰ってしまうんだ」

この寒さにふと昔の1シーンを思い出した。
寒さで思い出したこと_d0290407_20575234.jpg

by threewedge | 2013-01-06 18:40