人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 01月 07日 ( 1 )

さあ、仕事が始まった

RAW FOOD(生食)は馬肉に限定されると提唱してきたことは今後もまったく変わることはない確信だ。
しかし馬肉にも国産、輸入馬肉とある。
以前から再三、国産馬は食用に飼育されているのではなく多くは競走馬の廃馬、もしくは競走馬になれなかったサラブレットが食用にされる。
昨年、牛肉を生で食べること、いわゆるユッケが、そしてレバ刺しが販売禁止になった。
このことで馬なら安全だということで、馬肉のユッケやレバ刺しが商品化され多く出廻るようになった。
そこで、もともと食用には飼育されてはいないため品薄状態の国産の馬肉までもが超品薄状態になり、当店でも多くのお客様に大変なご迷惑をお掛けする深刻な事態に立ち至った。

そこで、犬や猫たちに生馬肉を与えるべきと、日本で最初に商品化した、いわば言い出しっぺの立場としては、安定供給という重大な責任が果たせないことに対して手をこまねいている訳にはいかない。

何としても今月中には国産に加えて従来の食用輸入肉を再販売しようと手を尽くしている。
また、鹿肉や猪肉の良さも大いにアピールしてこれまで以上に、犬や猫たちの食生活を充実したものにしていきたい。

そんなことを考えていると、ほとんど夜も眠れない。
そして、半年ばかり止めていた煙草も吸い始めてしまった。
.
by threewedge | 2013-01-07 17:40