人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 01月 27日 ( 1 )

ワンワン・ワルツ

子供の頃聞いていたアメリカンポップスの中に、「(How Much Is) That Doggie in the Window?」(ワンワンワルツ)というナンセンス・ソングがあった。
この歌はワルツの女王といわれたパティ・ペイジが唄って「Tennesse Waltz」(テネシーワルツ)ほどのメガヒットではなかったが、当時、ビルボードのチャートで1位になるほどヒットした。日本では雪村いずみがカバーしていた。
唄の合いの手に「ワンワン」という犬の泣き声が入った童謡のような感じの唄だった。

今改めて、歌詞の出だしを見ると「How Much Is That Doggie In The Window・・・」と言っているので、1950年頃は、アメリカでも犬を日本のようにウィンドウに並べて売っていたのかも知れない。

1998年のグラミー賞最優秀スタンダード歌手賞を受賞した、その、パティ・ペイジがこの正月に亡くなっていたことを昨夜知った。
85歳だった。
ワンワン・ワルツ_d0290407_1327272.jpg

by threewedge | 2013-01-27 13:01