人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 02月 06日 ( 1 )

エゾシカの女猟師

北海道の女性たちで昨秋「The Women in Nature」(TWIN)という組織が結成された。
深刻な森林被害をもたらすエゾシカの対策として「エゾシカを森林資源として暮らしの中に取り入れていくことが必要」と考えて、高齢化で激減する猟友会の現状に、女性だけの猟友会を立ち上げたのだ。
「撃つことも、家庭にシカ肉料理を広めることも、何事にも積極的な女性の力が欠かせない。」

このような記事が昨日の朝日新聞「ひと」欄に載っていた。

エゾシカというのはその名の通り、北海道に生息する鹿のことだが、本州に生息する鹿は何鹿というのか、とある猟師に聞いたことがある。
「専門家はあれこれ言うかもしれないが、北海道のような生息地が広いところの鹿は大きくて、島などにいる鹿は小さいのだが日本鹿は日本鹿で同じなんだよ」

学問的に鹿のあれこれを研究することも意味のないことではないだろうが、何としても今は一頭でも多くの鹿や猪を射止めて、とても人間だけでは食べきれないのだから、大いに犬や猫たちに食べてもらって最上質なジビエを堪能させてあげたいと思う今日この頃である。
エゾシカの女猟師_d0290407_11252629.gif

by threewedge | 2013-02-06 11:25