人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 03月 01日 ( 1 )

犬をペットと呼ばないで

人間としてあるべき正常な姿とは、一体どのような状態であるものなのか、最近トンと分からなくなってきた。

森美術館で開催された「会田誠展:天才でごめんなさい」の作品の一部が児童ポルノだとして論議を呼んでいる。
その論議に加わるつもりは無いのだが、この作品のタイトルが「犬」というので少し気になった。
会田誠という天才美術家(昨今のアーティストは、自らを天才といって憚らない人が多いように思う。)の倒鎖の世界観について、時代はまさしく現と幻が渾然としているのだから、特別なこととは思わない。

私がどうも気に入らないのは、以前コラムにも書いたのだが、犬をペットと呼ぶことなのだ。
この作品でも、全裸の少女に犬のリードをつけて隷属するという、実に通俗的なモチーフで、どこが天才なのかまったく分からない。
この通俗性も現代そのものなのかも知れないが、どうか犬を見下すような見識だけは改めて欲しい。
それとも、美少女と犬を美的に同等のものと捉えた、ということなのだろうか。
そうだとしても、この絵からは俗の極みしか感じられない。
この作家の大方の作品は、その下司な通俗性を現代の実態としてとらえテーマとしているのかもしれない。
まあ、どちらにしても聞いてみたいとも思わない。
犬をペットと呼ばないで_d0290407_16195946.jpg

by threewedge | 2013-03-01 16:21