人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 04月 19日 ( 1 )

猫キチ、ジャズキチの村上春樹

私の座右の書の中に、村上春樹の「ポートレイト・イン・ジャズ」と「意味がなければスイングはない」がある。
今、村上春樹の新刊「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が発売した途端に100万部を突破したという。
私はいわゆるハルキストではないので、小説は読んだ事がない。

村上春樹はジャズキチと猫キチが嵩じて「ピーター・キャット」というジャズ喫茶を経営していたことがある。
音楽にしても美術にしても、評論家といわれる人たちが論じるのと違い、小説家が自分の思いのもとに語りあげるのでは、まったく趣が違う。
絵画を「気まぐれ美術館」で語りつくした洲之内徹も小説家であり、村上春樹も同様だ。
その特長は、対象を客観的に評価するのではなく、あくまでも対象と自分との個人的な関係を基にして、愛とか人生とか、そこに湧き上がる感情だったり、好きだ嫌いだという理由、そんなことはどうでもいいじゃないかと思われるところまで豊富な語彙を用いて書いていく。
したがって、多分に偏向しているところもあるのだが、そこのところが面白いし共感するところなのだと思う。

犬や猫との付き合いからも、愛や人生について語り尽せないほどの物語が誰にでもある。
猫キチ、ジャズキチの村上春樹_d0290407_2140758.jpg

by threewedge | 2013-04-19 14:47