人気ブログランキング |


イヌやネコたちと共に暮らす人々と100CLUBとの日々


by threewedge

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

facebook /twitter



twitterページへ

以前の記事

2016年 06月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月

外部リンク

その他のジャンル

最新の記事

藻類について学んだ
at 2016-06-20 11:44
回想話は止めにして
at 2016-06-17 15:55
回想の記 その4
at 2016-03-25 15:58
回想の記 その3
at 2016-03-13 15:40
回想の記 その2
at 2016-03-04 18:20

検索

画像一覧

2013年 07月 24日 ( 1 )

「絆」は何処にある

東北大震災を機に「絆」という言葉が世に踊った。
この言葉の旧い用例は、犬や馬、鷹などを人間がコントロールする綱のことだという。
それが転じて、人と人が深く結ばれること、例えば夫婦の絆などといわれる。
しかし、よくよく考えてみれば、人と人が深く結ばれるなどということ自体、それは言うほど簡単なことではない。
とても残念なことに、人間というパンツを履いた猿は巨大化した脳を持っているためか、他の動物と違い建前と本音を狡猾に使い分けることが出来る動物界でも稀な才能を持っている。
そこに人間社会で生きていくことのひとつの苦悩の源があるのではないかと思う。

人と人の関係において「絆」を結ぶことは容易ではないが、この言葉の語源通り、人と犬や猫の間では深い「絆」が存在する。
犬や猫たちと暮らす多くの人たちは、そのものたちとの「絆」によって満たされた生活を送っている。
犬や猫は一切無駄口を叩かない。
パソコンやスマホも使わないからツイッターもフェィスブックもラインもやらない。このブログのような災いを招くかもしれない余計なことは絶対やらない。
そういうつまらないことをやらないことが、どれほど健全な精神を維持ことにつながるのかちゃんと証明している。

そうでない人から見ると馬鹿じゃないかと思われるかもしれないが、このような世の中になったら、犬か猫かを相棒に暮らさなければ正気を保つのはそれほど簡単なことではない。
もし、人間同士の「絆」が結ばれたとしたら、それこそはまさにユートピアが現実化したことになるのであって奇跡といって差し支えないのだろう。
そんな世界を生きているうちに一度くらい体験したいものだ。
by threewedge | 2013-07-24 15:25